麺にパン、粉もんも…コメ消費大国・東南アジアに学ぶコメの食べ方いろいろ

収穫の秋、ほかほかのご飯はやっぱり美味しい。でもそれだけではコメの消費量は減るばかりだとしたら…学ぶべきは日本以上のコメ消費大国である東南アジアかもしれない。

前回日本人のコメ消費量が50年で半分になったと書いた。日本の国民1人あたりのコメ消費量は世界で50位。そんなに低いの?と驚く。上位はラオスやベトナムなど東南アジアの国が占めている。東南アジアに行くと「ほかほかのご飯」だけではなく、いろんなコメの食べ方があるんだなぁ…と感心する。

◇ ◇ ◇

まずはベトナムの麺料理フォー。ふにゃふにゃしたあっさり麺と、あっさりした透明スープが合う。香草はお好みに応じて。ベトナムのホーチミン市で泊まったホテルのすぐ前の小路は朝になるとフォーの屋台が出たので、朝食はいつも鶏肉入りのフォーだった。ベトナム名物の甘くて濃いコーヒーと一緒に。

フォーの麺はコメからできている。ラーメンのようにコシがあるとはいかないが、このあっさり味は飲んだ後などにぴったりかも。新潟のラーメンも美味いと評判だけど、飲んだ後の一杯はラーメンよりフォーとなれば、コメ大国の新潟らしいということになるんじゃない?

◇ ◇ ◇

続いて同じくホーチミン市の屋台で買ったバインミー。バゲットパンに、レバーペーストと肉、大根などの酢の物、そして香草をはさんだもので、最初はバゲットに酢の物と香草が合うの?と思ったが、これがなぜか美味いのだ。ベトナムはフランスの植民地だったが、宗主国からもたらされたバゲットをこのように地元流にアレンジしてしまうのがすごい。

このバゲットがまたパリパリモチモチで美味い。ベトナムのバゲットは米粉を混ぜて焼いているらしい。だから酢の物と合うのか?は分からないけど、焼いてから時間がたっているはずなのにパリッが続くのはきっと米粉のおかげ。新潟でも誰か米粉を混ぜてフランスパンを焼いてみてほしい。

◇ ◇ ◇

最後はこの夏マレーシアに行ったときに、カンパーの市場で食べた「香港猪腸粉」というもの。マレーシアは中国とインドとマレーの料理が食べられる食の宝庫で、これは名前からして中国系だろう。なかなか興味深い料理だったので、作ってもらう様子を動画で撮っておいた。
◇マレーシア・カンパーのマーケットで「香港猪腸粉」を作ってもらった – YouTube
https://youtu.be/92mIj9Ro13E

薄く水でといた粉ものを布の上で蒸して、ぷるぷるになったところでエビを巻いて出来上がり。ぷるぷるの様子が豚の腸に似ているのでこの名がついたようだが、名前に反して淡白で美味しい。調べたら、香港では飲茶のメニューだそうで、これもコメから出来ているのだとか。へぇ、小麦かと思った。

◇ ◇ ◇

麺もパンも粉もんもコメから出来るなら、まだコメ消費量を伸ばす余地は日本にもありそうだ。コメ王国新潟から発信したいところ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中