10年後「ちゃんと食べられているか?」 日本に迫る食と農業の危機

「農業の未来」と聞いても遠い世界に感じてしまうけど、「10年後に僕らは何を食べているか」と聞くと、ちょっとざわっとする。そんな怖い話。

先日行われた高校の同窓会で、母校OBである新潟大学名誉教授の伊藤忠雄先生の講演を聞いた。伊藤先生はもともと土地改良史が専門で、先日『ブラタモリ』でもやっていた亀田郷の話なども面白かったんだけど、これからの日本の農業と食が危機にあるという話がショッキングだった。

◇ ◇ ◇

「飽食大国」日本で、食べることに関心を持てない人が最近増えていると言われている。たしかにコンビニへ行けばいつでも好きなものが食べられる日本では、食への執着は薄まっている。海外のコンビニもないような街に行くと、食べられる時にちゃんと食べなきゃ、と思う。

「食料は第2の武器」という。英独は2度の大戦の反省から、食料が自給できる国になった。日本はどうか。2015年度の食料自給率(カロリーベース)は39%。年間1億トンの食料消費のうち半分を輸入に頼っている。兵糧攻めされたらアウトだ。

「戦争なんて起こらないし輸入できればいいんじゃない?」…うん、たしかに輸入できるうちはまだいい。でも最近では例えば大豆は日本より中国が高く買ってくれるという。小麦やトウモロコシといった穀物の価格も投資の対象になり上昇傾向。米国でトウモロコシを作るための地下水が枯渇するという怖い話もある。

日本は米食文化の国というのは過去の話なのかもしれない。2011年には日本の一般家庭におけるパンの消費額がコメを上回ったことが話題になった。国民1人当たりの年間コメ消費量は50年で半分になり、特に20代は2日にご飯茶碗1杯分しか食べない計算という。

農業就業人口は全国で200万人を切った。ここ数年は毎年20万人近く減っており、10年後には農業をやる人がいなくなっているかもしれない。コメの買取価格は下がり続け、60キロで7千円台。作れば作るほど赤字で「田んぼは不良債権」とまで言う稲作農家もあるとか。

◇ ◇ ◇

結局もっとコメを食べればいいんじゃない?ということになるけれど、進む洋食化傾向に歯止めをかけるのは難しい。さらには外食中食化も進んでいて、業務用に使われる北海道産のコメより、家庭用で使われることの多い新潟米の方が在庫がだぶついているという話もある。コメ王国新潟にとっても深刻な話なのだ。

そんな伊藤先生がホスト役になって新潟の農業の現在過去未来を語り合うイベントが、今月から県内3ヵ所で始まる。実際現場で農業に携わる人たちも参加して「6次産業化」や複合農業など未来に光が見えるような話も聞けるはずだ。
◇「水利が拓く 実りの明日へ」キャンペーン連続講座|講演会・セミナー|主催イベント|イベント・くらし|新潟日報モア
http://www.niigata-nippo.co.jp/sp/life/event/seminar/20160901277191.html

全国200万人の農業従事者のうち、3分の2が65歳以上という。例えば子どもの進学や住宅ローンを終えて50歳くらいを迎えたサラリーマンが、えいやっと脱サラして農業を始めてもそこそこの収入が見込めるというなら、まだ未来は明るいんだけど…理想論かなぁ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中