海外で日本のJリーグ中継を観る方法…スカパー+Nasneでカンタンに観られる!

長男が海外へ行く条件。それは現地でもアルビレックス新潟の試合中継が観られること。お隣シンガポールにもアルビがあるんだから、それでいいじゃない?と思うけど、そうはいかないらしい(そりゃそうか)。

今回マレーシアへ行って、最初の土曜日。現地でもアルビの試合が、無事Wi-Fiをつないだタブレットで観られたらしい(写真は野球が映ってるけど、実際に観ていたのはアルビ。Wi-Fiが入るランドリーで観ていたようで)。アルビも久しぶりに勝ったし、「最高の週末」をマレーシアで過ごしたというわけだ。

どんな仕組みで観たか。それにはまず、我が家のテレビまわり事情を知る必要がある。

もともと前の家は電波障害でテレビ電波が入らず、光回線を使うフレッツテレビでテレビを観ていた。光回線とルーターがアンテナ代わりと思ってもらえばいい。このフレッツテレビでスカパーのJリーグパックも契約していたので、パラボラアンテナ代わりにもなっていたことになる。

引っ越しで新居に移っても、フレッツテレビはそのまま使い続けることにした。さらに、リビングにテレビがなくても各自がスマホやタブレットで観られればいいよね、とソニーのNasneを導入してフレッツテレビのルーターとつないだ。これで我が家はWi-Fiでテレビ電波が飛んで、手元のスマホのNasneアプリでテレビが観られるようになった。

このNasneがすごいところは家庭内Wi-Fiでテレビが観られるだけではない。出先からでもNasne経由でテレビが観られるのだ。さらに今回妻と子どもたちが出発する時に、フレッツテレビと契約したB-CASカードをNasneに差して行った。これでフレッツテレビで観られるチャンネルはすべて、Nasne経由で出先でも観られるはず。

でも思う。国境を超えたら観られないんじゃないの? そもそもスカパーでJリーグパックを契約していれば、出先でもスマホやタブレットで中継が観られるはずだったのだ。しかし!昨年マレーシアではなぜか観られなかった。国境は低くなっているはずだけど、放送業界の国境は今も高いということか。

そして今回はNasneを導入することとなった。自分で書いてても複雑でわけが分からなくなるが、Nasneは国境の問題も無事クリアして、マレーシアでもアルビ戦を観ることができた。まずはよかった。でも来年はまた事情が変わるんだろうなぁ…。
◇格安中継、スマホが主役 Jリーグ放映権2100億円で契約 : 日本経済新聞
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASDZ20HTU_Q6A720C1TI5000

ところで…来週土曜日はブラタモリの新潟の回とアルビ戦中継がモロに重なっている。Nasneで同時に観られるのは1チャンネルだけだ。これは5000キロを超えたチャンネル争い勃発か!? どこかでパブリックビューイングしないかなぁ、ブラタモリの。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中