学費+寮費が1年で1.5倍以上!それでも割安なマレーシアで英語漬け夏休み

最近物価上昇が激しいと聞くマレーシア。でもまさか1年で1.5倍になるとは。マレーシアリンギ安に助けられたけど。

この夏も、妻と子どもたちは昨年夏に続いてマレーシアの学校の4週間プログラムに行くことにした。昨年と同じ、首都クアラルンプール(KL)から特急列車で2時間ほどのカンパー(Kampar)という田舎町にある学校に寮から通う。寮に親子で入れるというのがポイントだ。
◇子ども2人寮費込み4週間30万円から!マレーシアで英語漬けの夏休み | 新潟シモ古町 ときどき脳内マレー半島
https://furumachi11.wordpress.com/2015/07/05/%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82%ef%bc%92%e4%ba%ba%e5%af%ae%e8%b2%bb%e8%be%bc%e3%81%bf%ef%bc%94%e9%80%b1%e9%96%9330%e4%b8%87%e5%86%86%e3%81%8b%e3%82%89%ef%bc%81%e3%83%9e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2/

当初、実は迷っていた。昨年は学費+寮費が親子3人で4週間9366リンギ、30万円ちょっと。4週間の寮費も込みならいいんじゃない?と思っていた。実際に4週間通って子どもたちが英語を話せるようになったかというと…ムスメは英語よりも「自分の名前、ハングルで書けるようになったよ〜」。日中韓から集まる学校だったようで。

そして今年も行きたいと言うから募集チラシを見たら、学費+寮費が親子3人で4週間14575リンギと、まさかの1.5倍以上になっていた。日本円にすると47万円!? ひゃー、新興国の物価上昇恐るべし! うーん、どうしよう…。

でも待てよ。このチラシ、1マレーシアリンギ=33円で計算されている…。実際にはマレーシアリンギは昨年8月以降下降基調に入っていた。上海から始まった世界的な株安や、国営企業ペトロナスの不調などが原因とされているが、中国との関係が深いマレーシアのこと、「中国がクシャミをすれば…」ということなのだろう。

今はどうなっているかというと、1マレーシアリンギ=26円ほど。これで計算すると40万円を切る。いや、たしかに安い買い物ではないけど、でも「世界は広い。でもつながっている」というのをこの時期に体験することは意義があると思ってる。英語が話せるようになれば言うことなしだけど…まあいいや。

それにしても、内需産業がそれほど強くなく輸入に頼りがちなマレーシアで、この物価上昇と通貨安は何かと大変そうではある。テロの心配もないわけではない。でもそれが世界だと思う。平和な新潟にいては感じられない何かを感じて来てくれればいいな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中