「ありがとう!」と拍手に見送られ…ラフォーレ原宿新潟がついに閉店

8時5分、「Laforet」と書かれたシャッターが閉まり出すと、「ありがとう!」の声と拍手が巻き起こった。

NEXT21の「ラフォーレ原宿・新潟」が1月31日で23年の歴史に幕を下ろし、閉館した。ラフォーレ唯一の地方店舗として営業を続けていたが、売上の落ち込みで赤字が続き、ついに閉店することになった。

閉店の瞬間を動画におさめた。30秒頃から最後の閉店アナウンスが流れ、1分15秒頃にエスカレーターが封鎖、5分30秒頃からシャッターが閉まり出す。「ありがとう!」の声と拍手とともに…。
◇「ラフォーレ原宿新潟」23年の歴史に幕・閉店の瞬間20160131」 – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=dV-PkoyOX_E&feature=youtube_gdata_player

なんか大和デパートの閉店の時を思い出す。閉店前は各お店に常連さんが集まりスタッフらとおしゃべりしている様子が見られ、閉店時にはNEXT21のアトリウムに多くの人が駆けつけていた。大和の時も古町モールがあふれんばかりの人だかりになったっけ。

でも大和の時と違うのはここから。シャッターが閉まり完全閉店すると同時に、NEXT21のアトリウムで閉店後のアフターパーティー的なDJイベント「原宿新潟」が始まったのだ。『20年以上にも渡り古町を牽引してくれたラフォーレ原宿新潟の最終日を明るく、楽しく見届けたい』と、有志が企画したものだった。

「原宿新潟」のFacebookページで、主催者はこう書いている。
『これは決して感傷に浸るイベントではないんだ
これを機に未来の新潟を考える 未来に繋げるイベントなのだ
僕らの街は僕らの手で』
これにはグッと来た。シャッターが閉まった時に「ありがとう!」の言葉と拍手が起こったのも、こういう気持ちからだったのかもしれない。

きょうはNEXT21地階のスターバックスも最終日。「原宿新潟」の会場を少し抜け出しコーヒーを飲みに行こうとしたら、こちらも8時閉店だったらしく、ちょうどシャッターが閉まるところだった。しまった、間に合わなかった…。

でもその瞬間思った。ここから古町の未来が始まるんだな、って。そりゃ閉店は寂しいけど、欲しいお店は自分たちで作ればいい。いや、ラフォーレみたいな大規模店を作ることはできなくても、スタバみたいな居心地のいいお店なら大資本に頼らずできるだろう。僕が知らないだけで、もうすでにあるのかもしれない。

「原宿新潟」に集まった人たちの笑顔を見ていたら、そんな気分になった。それでも明日、NEXT21で昼間も閉まったままのシャッターを見たら…やっぱりへこむんだろうなぁ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中