廃校を酒造りと学びの場に…佐渡の「学校蔵」で考える未来のニッポン

佐渡の廃校を、みんなが酒造りや地域のあり方を学べる場に。なんて夢のある話。佐渡というところがまたいい。

廃校を酒蔵に生まれ変わらせた佐渡の蔵元「真野鶴」が、蔵で行われた「特別授業」から地域のあり方や未来のニッポンを考えるこちらの本。特別授業に登壇した3人の講師のインタビューから、蔵での学びをさらに掘り下げた内容となっている。
学校蔵の特別授業 佐渡から考える島国ニッポンの未来

3人のインタビューから気になった言葉を拾ってみたい。

■佐渡は東京の30年先を行っている【藻谷浩介氏】

少子化と人口減で地方の900近い自治体が消滅すると言われた衝撃の「増田レポート」。しかしその衝撃は地方だけの話ではない。東京でも地方以上に急激な高齢化が進み、一気に破綻へと向かうとさえ言われている。

今の佐渡でうまくいくことは、30年後の東京に生かせるはず―。藻谷氏は野生復帰した佐渡の朱鷺に期待を寄せる。朱鷺が生きていける環境を取り戻したこと、合計特殊出生率が1.88と全国平均より0.4ポイント以上も高いこと…。朱鷺と人に優しいことが未来へつながると信じたい。

■「魅力発信モデル」は「課題共有モデル」に負ける【酒井穣氏】

魅力発信モデルとは、地元の人がよく言う「新潟は食べ物が美味しいんですよ」というようなこと。でも実は、田舎に行けばどこでも食べ物はそれぞれに美味しい。食べ物が美味しいだけでは差別化は難しいのだ。

だったらむしろ「この美味しいお米を作る棚田は存続の危機にあります。存続するために力を貸してくれませんか」と言って協力してもらう方がいい。危機意識や課題を共有することが強いつながりを生む。地方に新たな仕事を生むことにもつながる。この本で一番なるほど!と思ったところだ。

■希望に「棚からぼた餅」はない【玄田有史氏】

希望は大企業や役所から降ってくるものではない。自ら動いてもがいた先に本当の希望があると玄田氏。自ら動く「希望活動人口」が増えることが地域を元気にすると言う。最近話題の地方創生がうまくいくところも、きっとこの希望活動人口が多いところだろう。新潟市はどうだろう?と、つい考えてしまう。

==========

地方で生きていくのにいろいろヒントの多いこの本は、シモ古町の名店「喜ぐち」に設置したライブラリーに置こうと思う。毎月1回、7のつく日に喜ぐちに集まって、飲んだり食べたりしている有志の会で、喜ぐちに似合う本を置く「喜ぐちライブラリー」を先月設置したのだ。今月の7のつく日の会は、あす27日(水)夜7時から。
◇第65回 7の付く日は喜ぐちの日(2016年最初の回。今年もよろしくお願いします)
https://m.facebook.com/events/1541584192821864

「学校蔵」が大人の学びの場になったように、喜ぐちに並んだこれらの本を話題に酒を飲んで、居酒屋が学びの場になるとしたらうれしい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中