カミフルに旅人と地元住民の交流の場…バー併設のゲストハウスが開業

階段を上がると、天井に黒い梁がどーんと張り巡らされた古民家風の空間。ここは主にスペイン料理を提供するバーになるという。この国籍ミックスな感覚、外国人観光客にもウケそうだ。

上古町の老舗お団子屋さんだった伊勢屋さん跡2階に、ゲストハウス&バー「人参」がオープンする。バーを併設したゲストハウスはおそらく新潟市では初めて。このオープニングパーティーがあるというので行ってみた。
◇ゲストハウス&バー 人参 | Guesthouse&Bar Nin-jin
http://gh-ninjin.com/

ゲストハウスとは、2段ベッドが並ぶドミトリー(相部屋)をメーンとした簡易宿のこと。まだ工事中だが、ドミトリーと個室、共同キッチン、シャワー、トイレなどを備えるという。かつてお団子屋さんだった頃は住み込みの職人さんなどが暮らしていたという建物は意外と奥行きがある。

そして古町通りに面した側がバー。ここは宿泊客のみでなく一般のお客さんも利用できる。バーを名乗っているけど、パエリアなども出すということから食事でも使えそうだ(パーティーメニューはどれも美味しかった!)。宿泊客と交流できるこの空間は、上古町に新たな風を起こしそうな気がする。

パーティーには、工事を手伝った学生さんや、自分もゲストハウスを計画しているんです!という方など、多くの人でにぎわった。いろんなところから集まった人がいい距離感で交流できるのが、ゲストハウスの理想。ここにはすでにそんないい雰囲気ができていると感じた。

新潟でこれだけの人が自分でもゲストハウスをやってみたい!と考えているというのは意外だった。みんな交流の場を作ってみたいと言う。分かる気がするなぁ。職場でも家庭でもない「第3の居場所」が地元にあって、そこにいろんなところからやって来た人が集まるのがいいんだよね。

僕も実は思ってた。いま住んでるこのおんぼろビルを、1階ガレージは改造してカフェ的なロビーに、2階をゲストハウス、3階以上に我々家族が暮らす…なんてことができるんじゃないかって。1階はいろんな人が集う場になるといいな…って思うだけで何もしないのは、僕の面倒くさがりに尽きるんだけど。

だからこういうことを実現できる人って、キラキラして見える。僕が面倒くさがってできないことを、周りの人を巻き込んで実現する…すごいなぁ。バーが本格オープンしたら、ぜひいろいろ話を聞きに行きたい。バーのオープンは1~2週間後、ゲストハウスのオープンは2月末を予定しているという。

広告

カミフルに旅人と地元住民の交流の場…バー併設のゲストハウスが開業」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 旅人属性の人が持つ2つの特徴 - 土屋裕行.com

  2. ピンバック: スタバに負けない活気と落ち着き… カミフルの交流拠点をみんなで作る | 新潟シモ古町 ときどき脳内マレー半島

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中