新潟・ハルビン線好調…新潟市に前泊する中国人を七色の光でおもてなし

帰国前夜に新潟市に泊まる中国人観光客も、七色に光る八千代橋や柳都大橋を見てくれたかな。

8月から9月にかけて、萬代橋から見える夜景を華やかにしようと、八千代橋や柳都大橋、やすらぎ堤を七色の光でライトアップする試みが行われていた。予定では今日が最終日。やすらぎ堤から見る八千代橋は色鮮やかで、まるで新潟じゃないみたいだ。

ここ数年は朱鷺メッセやNSTなど水辺に光を灯したビルも増えてきたけど、昔の信濃川は黒く暗い水面が広がっていた。今も夜に萬代橋から眼下の水の流れを見ていると、吸い込まれそうな気分になって危ない。こういうライトアップは街を明るくしてくれる。いいことだと思う。

夜に萬代橋を歩いていると、中国語をよく耳にする。新潟空港から飛ぶハルビン線が好調で、10月下旬までは毎日飛んでいる。日本を訪れる観光客やビジネス客もいるし、中国に一時帰国する帰省客もいるだろう。午前発のフライトなので、新潟市に前泊する人が多いようだ。本町や古町周辺のホテルに泊まり、万代まで夜の散歩を楽しんでいるのかもしれない。

ハルビンヘ飛ぶエアバスのA320は150席ほど。多いと毎晩100人近い中国人が、日本最後の夜を新潟市で過ごしていることになる。夜の新潟市にどんな印象を持つだろう。店内表示を中国語対応するドラッグストアもあるというけど、食事や買い物など彼らのニーズに街としてちゃんと応えられているだろうか。気になる。

明日から中国は国慶節(建国記念日)で連休を迎える。日本を訪れる観光客も増えるはずだ。中国人から見たら新潟市は小さい街かもしれないけど、小さくとも光るものがある街になれればいいなぁ。そういえば、あの七色の光はどこか中国風にも見えなくもない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中