新潟BRT初日でRYUTOにトラブル発生!窓口で160円返金してもらう

BRT導入で、シモを走る旧附船町線も乗り換えが必要になった。乗り換えても210円で万代まで行けるはず…と思っていたら、あれ?210円+160円で370円も引かれてる!

きょう5日、新潟市で新しいバスシステム「BRT」が始まった。バス停は連節バスを待つ長蛇の列ができ、乗ったら乗ったで降車時の料金精算に手間取り、30分以上も遅れるバスも出るなど、これまでブログで書いていた予想が現実のものとなる試練の初日となった。

そして予想を越えるトラブルも発生。RYUTOでの支払にも、定期券なのにチャージしていたおカネが引かれたり、BRTに乗り継いだのに割引がされないなどの不具合が続出したのだ。RYUTOは大丈夫と思っていたのに…。
・ICカード精算の不具合事象および萬代橋ラインの運行遅延について(お詫び)
http://t.co/ooYTkkTToK

まさかと思うけど、念のため精算時はタッチ機の液晶をちゃんとチェックしよう、と思いつつ乗ったら、案の定この不具合に引っ掛かってしまった。西堀通線(旧附船町線)に乗って古町で乗り換えて、万代シテイで降りる時にRYUTOをタッチしたら「160円 のり割」と表示されたのだ。

BRT導入で乗り換えが必要になった路線は、乗り換えた後の初乗り運賃分が割り引かれ、BRT導入前と同じ料金で乗れることになっている。これを「まち割60」と言う。古町で乗り換えた時にすでに210円は払っているのだから、表示されるとしたら「0円 まち割」が正しいはず。

バス停にいた係員さんに聞いたけど今ひとつよく分かっていないようだったので、すぐにバスセンターの窓口へ。RYUTOの利用履歴を確認した上で、160円を返金してもらった。窓口ではちょっと困ったふりをしていたが、内心はいいブログネタができてホクホクである。

この不具合がいつまで続くかは分からないけど、RYUTO精算時はタッチ機の液晶をちゃんとチェックすることをオススメする。窓口のスタッフは「いろんなことが起きてて…」と嘆いていた。一番大変なのは現場スタッフ。明日も頑張って。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中