思いがけずシンガポール~マラッカ260kmバス乗り継ぎの旅

朝日に向かって吠える、ではなくて、水を吐く。このタイミングでまたマーライオンに会えるとは思っていなかった。

クアラルンプール(KL)に行くはずが、フライト遅れで乗り継ぎできず、シンガポールへ行くことに…の続き。上海浦東国際空港を予定通り深夜12時近くに飛び立ち、早朝シンガポールのチャンギ空港に着いた。

このタイミングで、2週間ぶりにシンガポールに来れるとは。トラブルとはいえ気分は高まる。まずはマーライオンにごあいさつ。2週間前は独立記念日で大にぎわいだったマーライオンパークも、朝はのんびりした感じ。ちょうどマーライオンの先に朝日が昇る。

シンガポールからKLはLCCが頻繁に飛んでいて、飛行機でも数千円で行ける。でももともと最終目的地はKL手前のマラッカに決めていた。シンガポール~マラッカ間は距離にすると東京~湯沢間くらいだろうか。ここは陸路で行ってみるか。

この先のルートは下記の通り。
・シンガポール/ラッフルズプレイス
 ↓MRT南北線
 ↓(2.6シンガポールドル=約240円)
・シンガポール/ウッドランズ
 ↓国境越え路線バス#950
 ↓(1.6シンガポールドル=約150円)
・ジョホールバル(JB)/中央駅
 ↓路線バスLM1
 ↓(2マレーシアリンギ=約60円)
・JB/ラーキンバスターミナル
 ↓高速バスMAYANG SARI
 ↓(21マレーシアリンギ=約630円)
・マラッカ/セントラルバスターミナル
 ↓路線バス#17
 ↓(2マレーシアリンギ=約60円)
・マラッカ中心部
バスを乗り継いでなんと1000円ちょっとで、当初予定していたマラッカのホテルに着くことができた。

マレーシアは高速バス天国。JBからマラッカへ向かう高速バスも数社が走ってて、ターミナルはバス会社の呼び込みオジサンたちの客取り合戦となる。でもこのオジサンたち、「もう少し早いバスがいいなぁ」と言うと、あっさり他のバス会社を紹介してくれる。バス会社に紐ついているわけじゃないのか。謎だ。

マラッカのホテルで家族とも合流し、会う約束をしていた新潟からマラッカに滞在しているご一家にも会うことができた。屋台で一緒に食事した後は、ジョーカーストリートで週末の夜に行われているナイトマーケットへ。まるで蒲原まつりのように夜店が並び、世界各国から来た観光客で大にぎわい。これが世界遺産の集客力か。

いい街だなぁ、マラッカ。海はあるし、今回は見れなかったけど海の向こうに「世界一の夕日」も見れる。最初はどうなることかと思ったけど、予想外の移動も含めて充実した旅となった。マーライオンにも会えたし、結果オーライということで。

広告

思いがけずシンガポール~マラッカ260kmバス乗り継ぎの旅」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: お盆でも往復3万円台!新潟空港発着、中国東方航空で行く東南アジアは超格安 | 新潟シモ古町 ときどき脳内マレー半島

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中