だだっ広い右岸緑地に巨大な竹かご?「みずつち」作品、もうすぐ完成

このだだっ広い緑地は、みずつち作品を作るためにあった?というわけではないだろうけど。

萬代橋下流右岸の緑地にどーんと大きな楕円形の竹かごができてきている。これは7月18日から始まる「水と土の芸術祭(みずつち)」の作品で、台湾のアーティスト王文志さんによる「新潟織夢-Dream of Niigata-」。この芸術祭にはこれで3回連続の登場となる通称バンブーハウスだ。

それにしても、まるでこの作品を置くためにこの緑地が生まれたかのようなタイミングのよさ。そして、こうなることを分かっていて、前振りをしたかのような僕のブログ。いえ、ブログは偶然です…。
・スッキリしすぎ?萬代橋下流右岸に新しくできた緑地の使い道を考える | 新潟シモ古町 ときどき脳内マレー半島
https://furumachi11.wordpress.com/2015/05/22/%e3%82%b9%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%aa%e3%81%97%e3%81%99%e3%81%8e%ef%bc%9f%e8%90%ac%e4%bb%a3%e6%a9%8b%e4%b8%8b%e6%b5%81%e5%8f%b3%e5%b2%b8%e3%81%ab%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%8f%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%81%9f/

今回で3回目となるみずつち。1回目はみなとぴあ近くの信濃川に浮かぶ台船で疑似生活をするという作品「浮島」に、当時小1の長男がハマり、夏休みじゅう通い詰めた。2回目はメーン会場となった旧水揚げ場の「みずつちカフェ」に、期間中で何回行っただろう。パエリア、美味しかったなぁ。

今回は市内の4つの潟と、旧二葉中学校がメーン会場となるという。二葉中なら家から近いから、今年も何度か通うことになりそうな予感。3年前の旧水揚げ場にオープンした期間限定のみずつち公式ショップ「blue&brown」も旧二葉中に復活するという。楽しみ。
・【お知らせ】新潟らしいお土産品を募集しています。 : hickory03travelers-blog
http://h03tr.exblog.jp/23290858/

BRTと同様、賛否両論いろんな意見があるのは分かる。でもこの芸術祭が行われなければ新潟市には来ることもなかったような人たちが、多くやって来ているのも事実。その人たちにどんな新潟を見せられるか。不寛容で不機嫌な新潟でなければいいなぁ…と願っている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中