白い砂と透明な海!笹川流れで試したい「砂浜を裸足で歩く3つの効能」

この白い砂!そして透き通った水! 南国まで行かなくても、透明な海あります。

先日、仕事で村上市の笹川流れへ行ってきたんだけど、窓の外に広がる景色に、思わずクルマを停めて水辺へと駆け寄っていた。笹川流れがキレイなのは知っていたつもりだったけど、白い砂と透き通った水の楽園っぷりにはヤられてしまった。

気がつけば、革靴の中は砂だらけ。後悔はしていない。一瞬だったけど、夏の楽園を先取りできたから。でもやっぱりここは、裸足で砂浜を歩いておけばよかったなぁ。というのも、裸足で砂浜を歩くのは、いろいろいいことがあるようなのだ。

【1】靴から足を解放し、カラダが持つ本来の力を引き出す

いつも靴を履くことで足が過保護に扱われ、土踏まずが成長しない偏平足(へんぺいそく)の子どもたちが増えている。革靴をいつも履いている大人も悪影響が大きいだろう。砂浜を裸足で歩くことで、靴を履いていない自然なカタチを呼び戻せる。

歩きにくい砂浜を歩いたり走ったりすることで、いつもと違う筋肉を使うことになり、体幹を鍛える効果もあるという。ちょっと砂浜を歩いてみるだけでも、革靴で窮屈にしていた足を解放することができそうだ。
 
【2】足裏を刺激して、全身&脳を活性化

足裏には各器官や内臓につながるといわれるツボがたくさんある。裸足で砂を歩くことで、足裏マッサージと同じような効果が得られるという。さらには裸足で地面に触れ、地面の硬さや温度、傾きなど、さまざまな感覚が刺激されることで、脳が活性化するとも言われている。

【3】温かい砂で、足の裏から全身がぽかぽかに

夏のクルマの運転は、冷房でカラダは意外と冷えがちになる。初夏の陽で温まった砂浜に裸足で触れることで、冷えた足から全身が適度に温まる。歩きにくい砂浜を歩くことで、足の血管がポンプの役割を果たし、血液の循環を促進させることにもつながる。

==========

というわけで、仕事中のリフレッシュにぴったりな、裸足で砂浜歩き。次に笹川流れへ行くときには、堂々とビーチサンダルを持って行くことにしよう。ちょっと勇気がいるけど、これも仕事の効率アップのためである(言い訳っぽい?)

【追記】 裸足で砂浜を歩くのは危険というご意見をいただきました。ガラスの破片や貝殻で足の裏を傷つけることがあるし、真夏は灼熱の砂でやけどすることも…。

砂の感覚は多少ブロックされてしまうけど、ビーチソックスを履く方がいいみたい。それか、ワークマンで地下足袋。ご参考まで→
http://item.rakuten.co.jp/beachsportsmart/c/0000000165/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中