2時間空いたらどこへ行く?富山は「世界一のスタバ」と路面電車へ

新潟市で2時間空いたら、どこに行くのがいいかなぁ。

先日北陸新幹線に乗って、富山市に行ってきた。会議は午後からだったけど、せっかくなので少し早めに行って新幹線開業に沸く街を見て歩こうと思った。時間は約2時間、さてどこを見て歩こうか…。

■世界一美しいスタバへ

まず思い立ったのが、スターバックス。「え、スタバなんてどこでもあるじゃない?」 うん、たしかに。でも富山環水公園店はちょっと違う。なんでも「世界一美しいスターバックス」と言われているそうなのだ。コーヒー好きとしては、これは行ってみなければ。

・全世界2万店舗の中で最も美しいスターバックスは富山に存在している http://spotlight-media.jp/article/37722961881321929

環水公園は、富山駅北口から歩いて10分ほどのところにある。かつて富山の舟運を支えた富岩(ふがん)運河が高度成長時代の埋め立ての危機を越えて、平成に入り公園整備され、今では市民の憩いの場となっている。落ち着いた雰囲気はまるでヨーロッパの街に来たようだ。

公園のシンボルであるアーチ型の天門橋を臨むところにたたずむのが、世界一のスタバだ。平日の午前中からにぎわっている。さすが世界一。新潟市も朱鷺メッセの脇あたりに港の船を臨むスタバがあれば…と妄想しながら、テラス席でいつものスターバックスラテ。世界一の味がした。

■街なかをぐるり路面電車

富山駅へ戻り、今度は南口へ。新幹線の駅の改札を出ると、すぐ路面電車が見える。新幹線と在来線(あいの風とやま鉄道)の駅の中に、路面電車が入ってくる。この光景は新鮮だ。

富山は路面電車の街。北側には旧JR富山港線を路面電車化した富山ライトレールが、南側は富山地方鉄道市内電車(市電)が伸びている。市電にはレトロな車両に交じって、精悍な黒い車両が走る。新潟市の新潟トランシスで製造された車両なのだとか。富山で新潟製が活躍しているとは少し誇らしい。

早速環状線に乗ってみる。富山駅へ戻るから、車窓から富山の街並みを眺めるのにぴったりだ。駅の中に組み込まれた路面電車の停車場を、黒い車両ががするすると出発する。意外と狭い道も走るのは、一方向へぐるぐるまわる環状線だかららしい。

富山城や総曲輪に新しくできた大和デパートなどを見ながら、路面電車は進む。中心市街地のあちこちで再開発が進んでいる。やはり新幹線効果かと思うけど、旧大和デパート跡の再開発ビルはテナントがなかなか見つからず、結局市の図書館が入ることになったのだとか。

街をぐるり、30分ほどで富山駅に戻ってきた。いいなぁ、路面電車。在来線の高架が完成すると、北側のライトレールと市電が直結し、さらに便利になる。でも街なかに本社のある某会社でも通勤はほとんどクルマで、市電を使って通う人はほとんどいないという。コンパクトシティの理想と現実だろうか。

隣の芝は青い。新潟市にも街なか近くに環水公園のような水辺のオアシスがあるといいし、連接バスより路面電車は魅力的に見える。都市間競争の時代、「街の見せ方」って結構大事。まずは2時間で何を見せるか、ちゃんと考えたい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中