新潟→仙台が約35時間 新幹線や高速バスではなくぐるっとフェリーで

新潟から仙台へ行くには、大宮乗り換えの新幹線か高速バスしかないと思っていたら、妻が言う。「船で行けるんじゃない?」

この記事を読んで、そんなことを思い出した。東京(大洗)から金沢(敦賀)と同じように、新潟から仙台も北海道経由のフェリーで行けてしまうのだ。
◇【オススメ東京→金沢行き方まとめ】北陸新幹線だけじゃない! 乗船40時間以上をかけてフェリーで行くのが一番快適だ!! | ロケットニュース24
http://rocketnews24.com/2015/03/04/552625/

では行ってみよう!というわけにはいかないので、時刻表で妄想旅。まずは新潟からは新日本海フェリーに乗って、苫小牧へ向かう。火・水・木・金・土曜の夜23時15分に新潟港を出て、秋田に寄港しながら、翌日夕方5時20分に苫小牧東港に着く。
◇敦賀~新潟~秋田~苫小牧東港 寄港便|舞鶴・敦賀・新潟・秋田と北海道を結ぶフェリー航路。 http://www.snf.jp/searoute/turuga_niigata.html

続いて、苫小牧から仙台は太平洋フェリー。苫小牧を出るのは夜7時のようだ。おお、乗り継ぎ時間は約100分、ちょうどいいじゃない?と思ったけれど、太平洋フェリーが出るのは苫小牧西港なのだ。え!新日本海フェリーと違うの?
◇太平洋フェリー 苫小牧-仙台 ご利用の方へ
http://www.taiheiyo-ferry.co.jp/tomasen/index.html

ここで乗り継ぎが間に合わないと、苫小牧で1泊することになる。東港から西港へ行くのに何分かかるのか分からないが、ここは間に合うことにして太平洋フェリーに乗り込む。苫小牧を夜7時に出たフェリーは、翌朝10時に仙台港に到着する。

苫小牧の乗り継ぎがうまくいったとして、新潟港から仙台港まで約35時間。たしかに時間はかかるが、新幹線や高速バスより広々した空間で旅を楽しめる。運賃は最安で、新潟・苫小牧6480円+苫小牧・仙台7200円だから、新幹線を乗り継ぐよりは安いはず。

思えば北海道へ新日本海フェリーで行ったのは大学の頃だから、もう20年以上も前のこと。時間をかける旅というのがいま一番ぜいたくなのかもしれない。

ちなみに太平洋フェリーは、仙台からさらに名古屋までも行ける。仙台・名古屋間は隔日の運航で、仙台を昼12時50分に出て名古屋には翌朝10時30分に着く。すべてスムーズに乗り継いだとして、新潟から名古屋まで約60時間。最高のぜいたくじゃないか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中