祝・燃油代下げ!新潟発着東南アジアは大韓も中国東方も往復4万円台

例えば春休み真っ只中の新潟空港発着シンガポール行きで比べると、この通り。大韓航空のソウル(仁川)経由も、中国東方航空の上海経由もほぼ同じ、4万5千円前後なのだ。選べるってステキ!

もともと新潟空港発着の東南アジア方面は、中国東方航空が往復4万円前後と圧倒的に安かった。それが2月の燃油代引き下げで情勢が変わる。大韓航空が4万円台と、約1~2万円も下げてきたのだ。一方、中国東方航空の燃油代は下がっていないようで、逆転現象といえる状況になっている。

こうなると水・土曜の週2便しか飛ばない中国東方航空より、 月・火・木・金・土曜日の週5便運航している大韓航空の方が優位に立つ。それに上海の浦東空港より韓国の仁川空港の方がなんとなく楽しそうだ。機内食も大韓航空は評判が高い。

他にも新潟空港から東南アジアへ安く行く方法はある。マレーシア航空の正規割引「ジマット」を使えば、新潟空港から伊丹へJALで行き、関空からクアラルンプールへ飛んで往復5万円台で行けてしまう。
◇JIMAT(ジマット)|正規割引航空券|マレーシア(クアラルンプール、ペナン、ランカウイ、コタキナバル、クチン)・シンガポール方面|マレーシア航空会社
http://www.mas-japan.co.jp/jimat/msia_osa.html

さらに国内キャリアも。ANAの正規割引「エコ割5」なら、新潟空港から成田へ飛んで、そのままシンガポールへ、往復6万円ほどで行けるという。新潟成田便は苦戦しているけど、こんなお得な方法があったとは。あまり知られていない気がする。
◇ANA正規割引航空券 格安航空券よりも便利で安心 スーパーエコ割/エコ割 〜ANAのおトクな運賃をご案内〜
http://www.ana.co.jp/int/promotion/topics124/ch.html

シンガポールかクアラルンプールか、それともバンコクか。行き先や日程によってお得な航空会社は変わってくる。スマホアプリの「スカイスキャナー」を使えば、いつでも現時点での最安値をチェックできる。ホント、便利な世の中になったものだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中