格安SIM入門【1】端末

時々、格安SIMについて聞かれる。「そんなのエイヤ!って替えれば、月の携帯料金が数千円安くなるよ」と答えていたけど、格安SIMにして半年ほどが過ぎ、やり方や感想などをまとめておく。

大手キャリアの頃は夫婦2人で月に1万7千円ほどだったのが、格安SIMの「ハイホー」にして(同時に子どももスマホを使い始めたので家族3人で)月5千円ちょっとになった。妻は大手キャリアのガラケーを持ち続けてて、その分を足しても8千円ほど。劇的に安くなった。

【1】端末

「格安SIMにするなら、SIMフリー携帯にしないとダメ?」
よく聞かれるけど、格安SIMの多くはドコモの回線を使っているので、ドコモのスマホならほとんどがSIMさえ入れ替えればそのまま使える。

でも海外でもSIMを入れ替えてスマホを使いたい!ということなら、SIMロックを解除しておく必要がある。ドコモのAndroid端末ならドコモショップに持っていけば、3千円ほどでSIMロックを解除してくれるし、数百円でSIMロックを解除するパスワードを売ってくれるサイトもある。

◇ Unlock Cell Phone – Unlock iPhone IMEI – Free Unlock Instructions
http://www.masterunlockcode.com/
僕はこのサイトで、ドコモのG2 L-01F(LG G2)をSIMロック解除した。端末を検索して、「IMEI」という端末番号を送ると、SIMロック解除するパスワードを送ってくれる。後に他社SIMを入れて、このパスワードを入力したら、ちゃんとSIMフリー化できた。

ただこれをやると端末の保証が受けられなくなるかもしれない。あくまで自己責任で。でも今年中にはSIMロック解除が義務化されるというから、もうこのようなことはしなくても済むようになるのかな。

iPhoneやau、ソフトバンクを使っている人は、SIMロック解除が難しければSIMフリーのスマホに買い替えてしまうのも手。以前と比べると、日本でもSIMフリー端末の選択肢が増えており、1万円くらいから買うことができる。

長男にはこのZenfone 5を買ってやった。3万円ほどしたが、大手キャリアの携帯料金数ヵ月分と考えれば、それほどバカ高いわけでもない。長男は気に入っているようだ。
◇ZenFone 5 (A500KL) – ASUS
http://www.asus.com/jp/Phones/ZenFone_5_A500KL/

端末が揃ったところで、次にSIMを選ぶ。何しろSIM会社はいろいろ選択肢があるもので。というわけで、次回以降【2】SIM【3】使い勝手と続きます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中