「米国を恨む気持ちない」 長岡空襲で家族全員を失った男性の言葉

自分がもし同じ経験をしたとして、同じことが言えるか。正直、自信がない。原田さんの言葉は重い。

今年は戦後70年。新聞などで歴史を振り返る様々な報道がされている。一方で、集団的自衛権や過激テロ組織の動きなど、歴史的な転換点に来ているとも思う。歴史に学ぶことの重要性を感じる。

先日、第2次大戦中に長岡市を襲った空襲で、両親と祖母、妹の家族7人全員を亡くすという壮絶な体験をした原田新司さん(84)の話を聞く機会を得た。たった一人、戦災孤児として生き抜いてきた原田さん。淡々とした口調ながらも、その壮絶さは想像を超える。

「やはり鬼畜米英だ」と僕は思う。当初は軍需工場などを狙って行われていた空襲が、「戦意を失わせる」との大義名分のもとに一般市民を狙うように方針転換していった。木造の日本家屋を効果的に燃やし尽くすために、焼夷弾の開発が進められた。

原田さんは、詩人・宮尾節子さんの『明日戦争がはじまる』という詩を紹介する。「人を人とも思わなくなった」「命を命とも思わなくなった」…B29に乗り焼夷弾をばらまいた米兵は、眼下の街に住む日本人をもはや人とは思っていなかったのだろうか。長岡市中心部は約8割が焼失し、1470人余りが死亡した。

それでも原田さんは言う。
「アメリカを恨む気持ちはない。むしろ(戦時体制から)解放してくれた」
たった一人、戦災孤児となった原田さん。様々な苦労をされてきたことだろう。揺さぶられるような思いもあっただろう。それでもこのような心境に至った。素直にすごいと思う。だからこそ日本は70年もの間、平和でいられたのだとも思う。

原田さんは自分の経験を伝え、後世に残す活動を続けている。繰り返すが、歴史に学ぶことは大事だ。一人ひとりの個人よりも、組織や国が大切…などと言い出したら、その先はきっと危ない。

どっちがNo.1? 「新潟vs金沢戦争」、北陸新幹線開通で勃発か

いきなりタイトルで煽ってしまったが、実際のところ金沢って遠すぎてあまりライバル視していないんだけどなぁ。

いよいよ北陸新幹線の金沢開業が近づいてきた。テレビなどでも話題が北陸方面へ向いているのを感じる。 「新潟vs金沢 日本海側No.1はどっちだ?」なんて、地元からしたら余計なお世話と言いたくなるような番組もあったようで。

◇月曜から夜ふかし|2015/02/16(月)放送 | TVでた蔵
http://datazoo.jp/tv/%E6%9C%88%E6%9B%9C%E3%81%8B%E3%82%89%E5%A4%9C%E3%81%B5%E3%81%8B%E3%81%97/831510

いくら地元民がライバル視していないと言っても、東京から見たら新潟市と金沢市は、新幹線がちょうどYの字に分かれたそれぞれの終着駅。東京からのお客さんを引っ張り合う関係になるとも言える。

そしてこの番組が出した結論は…『ここで(金沢市民を)ぎゃふんと言わせるデータを見せていく。人口や、観光客、スタバの店舗数全て新潟が上だった』。えー!そうなの? でもスタバの数が多い方が勝ちって、いかにも東京発想だよなぁ。地元ならではの喫茶店文化が残っている方がずっといい街だと思うんだけど。

人口規模だって、新潟市は大規模合併で80万人になっただけ。中心部から連続する人口集中エリアで見れば50万人程度で、金沢市とそう大差ない。しかも金沢市はいわば北陸3県の東京的存在。後背地の人口で見れば金沢市の方がずっと多い。

意外だったのは観光客の数。金沢市が約823万人に対して、新潟市は約1713万人と、倍以上違うというのだ。金沢市の方がずっと観光都市だと思うんだけど、これが新幹線の輸送力の違いということなのか。

新潟市には「行祭事・イベント」だけで639万人が訪れているという。でも中央競馬の新潟開催、アルビレックス新潟のホームゲーム、食の陣に酒の陣、新潟まつりなどなど…足していっても、そんなに来ているかなぁという感じは否めない。謎は残る。

いずれにせよ、開業からしばらくは金沢市に注目が集まる。新潟市も忘れられないように、ちょっと違う個性を発信していかないと。

格安SIM入門【3】使い勝手

さて、忘れていたわけではないけど、格安SIM入門の「使い勝手」編。格安SIMに変えて不便を感じたところがほとんどないから、何を書こうかな…と思っていたんだけど。

昨年7月に大手キャリアから格安SIMの「hi-ho(ハイホー)」に切り替えて、約半年。「端末」「SIM選び」と来て、いよいよ最終回は半年間使ってみての使い勝手についてまとめてみた。

【3】使い勝手

といっても冒頭に書いたように、大手キャリアの時と比べて使い勝手はほとんど変わりはない。回線は大手キャリアのを使っているのだから、エリアなどが変わりないのは当然と言えば当然。

・データ容量
違いがあるとすれば1ヵ月に使える高速データ通信の容量。僕が使っているハイホーの「LTE typeD ファミリーシェア」は、SIM3枚で月に7GBまで。家族で均等に割ると、使える容量は大手キャリアの3分の1という計算になるけど、上限に達したことはこれまでない(はず)。

もちろん普通にFacebookやTwitter、Gmailなどを使っている。僕は世界のラジオが聴ける「Tunein Radio」をよく使うけど、それでも大丈夫。YouTubeなどの動画を外出先でもがんがん観るような人には、最近出たデータ容量無制限のSIMをおすすめするけど、普通に使う分には制限があっても問題ないだろう。

・音声通話
音声通話についても、ほとんど大手キャリアと使い勝手は変わりない…と思っていたけど、最近になって気づいたことがある。ハイホーには留守番電話サービスがないようなのだ。

なぜそんなに大事なことに最近まで気づかなかったの?と思われるかもしれない。それはIP電話「050plus」の番号に、かかってきた電話を転送しているから。050plusはちゃんと留守電がついているので、ハイホーに留守電がなくても大丈夫なのだ(しかも留守電のメッセージがメールにファイル添付されて届く。これはかなり便利)。

050plusはIP電話なので、海外にいても現地のWi-Fiがキャッチできてさえいれば、携帯にかかってきた電話も転送されて出ることができる。格安SIMもローミングで国際電話ができるけど、通話料は050plusの方が格段に安い。

もちろん格安SIMでも、オプションなどで月300円ほど払えば留守番電話サービスが使えるものも多い。でも海外でも携帯を使う可能性があるのなら、同じ月額基本料300円(税別)で050plusを申し込む方がいいと思う。

以上、3回にわたって格安SIMへ乗り換える時に気になる点などをまとめてみた。格安SIMの種類も増えて複雑に思えるかもしれない。でもひと月の携帯料金が約3分の1になったのはやはり大きい。試してみる価値は大いにあると思う。

食の陣だけじゃない週末古町

あすにかけて新潟はまた暴風雪の予報。やはり食の陣当日座の頃は、寒くなってくれなくちゃ(棒読み)。

この14・15日の土日は、古町モールや万代シテイなどで「にいがた冬 食の陣・当日座」が行われる。ユネスコの無形文化遺産に和食が選ばれ、外国人観光客も増えている中、新潟の食をアピールできる絶好の機会になるはず。

そんな今年のテーマは…え!「昔懐かしい学校の給食」? 『昭和30年代から40年代に人気の高かった学校給食の献立からリバイバルメニューを限定で1日200食提供』だって。たしかに楽しそうだけど、新潟の食アピールになるのかなぁ。ちょっと謎。

古町モール6では、今年初めての取り組みとして「新潟春節祭」が行われる。
◇新潟春節祭/にいがた観光ナビ
http://www.niigata-kankou.or.jp/sys/data?page-id=13415

春節というのは中国の旧正月のこと。会場では、刀削麺や饅頭などか食べられる「飲食ゾーン」、飴細工や紙切りなどが楽しめる「手工芸ゾーン」、絵画や書道などを飾る「中国芸術披露・中華グッズゾーン」のほか、「雑技」や「変面」、民族楽器の演奏、中国武術の実演などのアトラクションも楽しむことができる。

政治や国際的にはいろいろアレな中国との関係だけど、食べ物に関しては間違いなく美味いものが多い。タイやマレーシア料理も中華料理の影響が大きいし、和食だってきっとそう。上海で食べた小籠包の美味さに、ウチの子の中国のイメージもぐんとアップした。単純なものである。

またNEXT21 1Fアトリウムでは、様々なウェディングショップが集まり、ウェディングの魅力を体験出来るイベント「WEDDING WONDER LAND」が行われる。
◇【WEDDING WONDER LAND 開園!!】- BRIDAL CREATER TEAM ARCH
http://bridal-arch.jp/?p=519

「忘れられない結婚式を作る」をコンセプトに、結婚式の新しい演出や装飾を生み出しているブライダルクリエイターチーム『ARCH』の主催。ドレス試着会や、ギフトアイテムなどの展示、飲食サービスやワークショップなどが開催され、外は寒いけどアトリウム内はHOTな雰囲気に包まれそうだ。

久々に古町周辺がにぎわいそうなこの週末。せめてもう少しでも温かくなってくれるといいんだけどなぁ。

バスで楽チン♪妙高杉ノ原へ

こんな天気のいい日にスキー場に来れるのは超ラッキー。妙高杉ノ原、やっぱり最高だわ。

今シーズン2回目のスキーは、前回に続いて妙高杉ノ原スキー場へ。今回は杉ノ原では初めて、日帰りバスツアーで行くことにした。新潟市から妙高は少し遠い…と思っていたけれど、バスなら楽チン。約3時間、寝ているうちに着いてしまう。

◇コスモツーリスト|妙高・舞子スノーライナー
http://www.cosmo-tabi.com/snowliner.html
今回使ったのは、こちらのバスツアー。スキーシーズンは土日月曜に運行しているらしい(申込が少ないと運休)。新潟大学前と新潟駅南口から出発して、赤倉観光、赤倉温泉、池の平、杉ノ原と停まる。

杉ノ原は、リフト券と池の平の日帰り温泉がついて1人5900円。長男と2人で行くなら、高速道路使ってガソリン代をかけて行くより安い。あ、でも池の平なら、スキーレンタルをつけても1人4700円なのか。どうりで乗客のほとんどが池の平で降りたわけだ。

予報では少し心配していたんだけど、着いてみたら快晴のベストコンディション。妙高の中でも南向き斜面で天気がいい(と信じている)杉ノ原でも、ここまでの晴天はなかなかない。雪山修行を覚悟していたが、修行どころかスノー天国だった。外でビールも飲んじゃう。

ゲレンデは、オーストラリアや韓国から来た観光客が多かった。新潟市ではピンと来ないインバウンド観光も、妙高ではかなりの恩恵があるようだ。インバウンドでは口コミが大事らしい。このスノー天国っぷりを母国でもしっかり伝えてほしい。

まだ2月。こんなに楽に来れるなら、もう1回くらい来てもいいかな。事前予約だから、天気がいいかどうかは運次第になってしまうけど。

格安SIM入門【2】SIM選び

格安SIMって、いま何種類くらいあるんだろう。次々新しいSIMが登場し、値段やサービスもコロコロ変わる。これも「エイヤ!」って決めてしまうしかないんだけど…。

端末が決まれば、いよいよSIM選び。僕が格安SIMに替えた半年前と比べても、SIMの種類は増えまくっている。ここまで増えると、決めるのもひと苦労だろう。このサイトはタイプ別で比較できるのでオススメだ。
◇格安SIMカード比較サイト SIM-FAN 【MVNOでスマホ節約!】
http://sim-fan.mobile-runner.com/

【2】SIM選び

SIM選びには、自分は何を重視するのかが重要になる。僕が選んだのはhi-ho(ハイホー)の「LTE typeD ファミリーシェア」。なぜこれを選んだか。条件は3つ。

・SIM3枚でデータ容量を分け合える

ハイホーのファミリーシェアは名前の通り、家族で通信データ容量を分け合えるサービス。家族3人で使う我が家には、3枚のSIMでデータ容量を分け合えるのはぴったりだった。当時はこの手のサービスはまだ少なく、ここでかなり絞り込まれた。

・音声通話対応で、MNPが可能

これまで同様、データ通信と音声通話の両方ができることも条件のひとつ。ハイホーは月700円オプションで音声通話に対応していた。MNPもできるので、これまでの電話番号がそのまま使えるのも大きい。
ただMNPには注意点がある。ドコモショップでMNPの手続きをしてから、ネットでSIMを買うのだけど、SIMが手元に届くまでは携帯が使えなくなるのだ。僕の場合は1週間ほど使えなかった。これは人によってはかなり厳しい。何とかならないかな…と思うけど、今のところはどうしようもなさそうだ。

・あとは料金とデータ容量

申し込み当初は3人で合計3GBを分け合うことになっていた。1人1GBでも十分だったけど、すぐに合計7GBに容量上限が引き上げられた。わざわざ確認していないけど、普通にスマホとして使っている分には十分余裕があるようだ。
これで料金は1枚あたり月1000円+音声通話のオプションが700円。家族3人で5千円ちょっとになった。これまで使っていた大手キャリアは夫婦2人で1万5千円を超えていたから、3分の1くらいになったことになる。

ひとつだけ盲点だったのは、ハイホーのファミリーシェアは最低利用期間1年の縛りがあったこと。大手キャリアの縛りから解放されて、自由にキャリアを変えられるのが格安SIMのメリットと思っていたのに、そうはいかなかった。まあ特に不満はないからいいんだけど。

というわけで、半年使っての感想は次回【3】使い勝手 に続きます。

格安SIM入門【1】端末

時々、格安SIMについて聞かれる。「そんなのエイヤ!って替えれば、月の携帯料金が数千円安くなるよ」と答えていたけど、格安SIMにして半年ほどが過ぎ、やり方や感想などをまとめておく。

大手キャリアの頃は夫婦2人で月に1万7千円ほどだったのが、格安SIMの「ハイホー」にして(同時に子どももスマホを使い始めたので家族3人で)月5千円ちょっとになった。妻は大手キャリアのガラケーを持ち続けてて、その分を足しても8千円ほど。劇的に安くなった。

【1】端末

「格安SIMにするなら、SIMフリー携帯にしないとダメ?」
よく聞かれるけど、格安SIMの多くはドコモの回線を使っているので、ドコモのスマホならほとんどがSIMさえ入れ替えればそのまま使える。

でも海外でもSIMを入れ替えてスマホを使いたい!ということなら、SIMロックを解除しておく必要がある。ドコモのAndroid端末ならドコモショップに持っていけば、3千円ほどでSIMロックを解除してくれるし、数百円でSIMロックを解除するパスワードを売ってくれるサイトもある。

◇ Unlock Cell Phone – Unlock iPhone IMEI – Free Unlock Instructions
http://www.masterunlockcode.com/
僕はこのサイトで、ドコモのG2 L-01F(LG G2)をSIMロック解除した。端末を検索して、「IMEI」という端末番号を送ると、SIMロック解除するパスワードを送ってくれる。後に他社SIMを入れて、このパスワードを入力したら、ちゃんとSIMフリー化できた。

ただこれをやると端末の保証が受けられなくなるかもしれない。あくまで自己責任で。でも今年中にはSIMロック解除が義務化されるというから、もうこのようなことはしなくても済むようになるのかな。

iPhoneやau、ソフトバンクを使っている人は、SIMロック解除が難しければSIMフリーのスマホに買い替えてしまうのも手。以前と比べると、日本でもSIMフリー端末の選択肢が増えており、1万円くらいから買うことができる。

長男にはこのZenfone 5を買ってやった。3万円ほどしたが、大手キャリアの携帯料金数ヵ月分と考えれば、それほどバカ高いわけでもない。長男は気に入っているようだ。
◇ZenFone 5 (A500KL) – ASUS
http://www.asus.com/jp/Phones/ZenFone_5_A500KL/

端末が揃ったところで、次にSIMを選ぶ。何しろSIM会社はいろいろ選択肢があるもので。というわけで、次回以降【2】SIM【3】使い勝手と続きます。