JRの忘れ物対応がすごい!

すごいのは定時運行だけではなかった。JRの「忘れ物システム」は、忘れ物大王の強い味方だ。

またやってしまった。長野県諏訪市への出張の帰り、新宿行きの特急あずさにカバンを忘れてきたワタクシ。しかも全く気づくことなく身軽なまま東京を闊歩し、東京駅で新潟へ帰る夜7時台の新幹線に乗ろうとしてハッと気がついた。カバンがない…!

なんとか取り戻して新潟へ帰らねば。東京駅の忘れ物承り所は日本橋口の近くにあるという。行ってみたら営業は夜の8時まで。よかった、ぎりぎり間に合った。忘れたモノの特徴と忘れた日時、場所を所定の用紙に書き込んで、係員さんに出す。

係員さんはパソコンの画面を見ながら「カバンには何が入っていましたか?」「衣類です」「服の色は?」「服の色ですか?(変なこと聞くなぁ)えーと、オレンジ色とか…」「封筒も入れていませんでしたか?」「はい、あとは携帯の充電器とか…」

「はい、そのカバンでしたら、新宿駅の9・10番ホームの事務室で預かっています」。えー!パソコンにそんな情報まで入っているんですか? カバンの中身まで? こんなにすぐに見つかるとは正直思っていなかった。感謝しながら、急いで新宿駅へ向かう。

こうして無事、新宿駅9・10番ホーム事務室でオレンジ色の服の入ったカバンを受け取り、また東京駅へとんぼ返りして、9時ちょっと前の新潟行き新幹線に飛び乗って新潟へ帰ることができたのだった。ここまで万事うまくいくのは奇跡だと思う。

忘れ物が見つかるとすぐに、あらゆる特徴をこのシステムに入力して社内に公開しているのだろう。このシステムと駅員さんの対応のおかげで、すぐにカバンを取り戻すことができた。やっぱり日本の鉄道会社はすごい。改めて感じた。

この感謝の気持ちは忘れずにいたい。もちろんカバンも、もう忘れないように。いや、自信はないけど。またきっとお世話になります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中