「少しはマシ」を選ぶ選挙

人口減、超高齢化、1000兆円もの借金…。この状況をうまく乗り越えられたら奇跡だと思う。いろいろトライ&エラーしてみて、少しはマシになればいいけど。

年末のくそ忙しい時期に衆院選が行われ、新潟では大雪の真っ只中に投票が行われた。

アベノミクスがうまくいっているかどうかはよく分からない。1000兆円もの国の借金をインフレで帳消しにしようという考えなら、僕も住宅ローンがあるから分からないでもない。給料の伸びが借金の金利を超えれば返済も楽になる? いや、インフレになれば金利も上がるか。経済オンチがバレるなぁ。

アベノミクスなんて、言ってしまえば賭けなんだと思う。うまくいくかもしれないし、いかないかもしれない。1000兆円の借金でしょ? 国民一人あたりいくらとか言うけど、実際には子どもたちに借金しているようなもの。人口は減り、高齢化で働く人の割合も減る。子ども世代の人数で割ると…怖い怖い。

このまま放っておくのはヤバイ。何もしないよりは賭けてみた方がいい。この賭けは負けるわけにはいかない。微妙な手綱さばきが必要だ。だから本当はもう少し与野党が僅差で、緊張感のある状態の方がよかったのかな、とは思う。

何はともあれ、今回の選挙結果でアベノミクスという賭けは続く。来年度には国の収支赤字を半分にすると国際的に約束している。法人税は伸びそうだし消費税3%分は増えるのだから大丈夫だろうけど…うまくいかなかったら大変そうだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中