横浜・日産スで初アウェイ戦

さすが7万人収容。向こうのゴールが遠くに見える。いや、実際の試合も相手のゴールは遠かった…。いい試合内容だったんだけどなぁ。

人生初のアウェイ観戦に、横浜の日産スタジアムへ長男と行ってきた。横浜F・マリノス対アルビレックス新潟。昨年もこの時期に同じ試合が行われ、その時はアルビが勝利してマリノスの優勝を阻んだのだった。マリノスにとってはいわば因縁の対決だ。

東京駅から東海道新幹線で約15分、新横浜駅で降りて歩いて15分でスタジアムに着く。新潟からのアクセスはかなりいい方だと思う。アウェイ側の南スタンド入口は、オレンジ色の長蛇の列。新聞記事によるとアルビサポーター3千人が詰めかけたという。

キックオフ2時間前、午後3時に開門しゴール裏の席に着くと、もはやそこの雰囲気は新潟と何ら変わらない。ちょっと違うのは、スタジアム自体がデカイことと、ビッグスワンよりスタンドの傾斜が緩やかでピッチが見づらいかな、というところ。ビールは紙コップでプレモルね。

キックオフの頃には他のスタンドにもお客さんが増えてきた。この日の入場者数は約3万人。試合中アウェイ側のゴール裏にいる分には数的不利は感じていなかったけど、冷静になると相手側の声援がやはり数倍大きい。

試合結果は残念ながら1-0でアルビの負け。ワンチャンスを確実にものにしたマリノスと、いいところまで行くのにあと一歩が届かないアルビとの力の差だろうか。うーん、いい試合展開をしていただけに悔しい。

失意のまま新横浜駅へ向かう。これで駅で長蛇の列だったら嫌だなぁと思ったけど、意外なほどスムーズで横浜駅方面の市営地下鉄は座って乗れたほど。新横浜駅には新幹線や横浜線もあるし、小机駅も近いからお客さんが分散するのかな。いろいろよくできたスタジアムのようだ。

これで今シーズン一度はアウェイ戦を観に行くという、長男とのノルマ達成。来年は隣県の松本山雅がJ1に上がってくるし、もしかしたらモンテディオ山形も…? 近いチームが増えると、ますます観に行きたいと言うだろうなぁ。まあ、いいけど。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中