BRTのRは「連節バス」のR?

ずらり並んだ万代シテイバスセンター前のバス停。ここから古町や市役所へ少しでも早くバスで行こうとすると、どのバス停に先にバスが来るかを見ながら右往左往しなければならない。この不便が解消されるだけでも「BRT」の効果はあると思う。

新潟市長選挙がいよいよ本番を迎えている。公約などを見ると、導入間近のBRTを巡り現職と新人が賛成反対真っ二つに分かれ、さながら「BRT選挙」といった様相になっている。公私ともにバスをよく使う僕としては、注目している。

BRTとは、バスを基盤とした大量輸送システムのこと。新潟市では次代の公共交通としてBRTを導入するとしているのだが、これでBRTのR=ラピッド(速い)が本当に実現できるのかというところに疑問の声が多い。新潟市で導入するBRTのRは、ラピッドではなく「連節バス」のRなんだと言う人もいる。

本当は専用レーンが必要なのだろう。それが無理なら、せめて古町と万代だけでも駅を設けて、車外で精算するスタイルにすれば乗降時間が短縮できる。西堀ローサや万代クロッシングの入口建屋を伸ばせば、屋根のある駅を設置することはできそうなんだけど…。連節バスって乗降に時間がかかりそうだよね。

そもそも連節バスが走る青山~市役所~古町~万代~新潟駅は、実は最近はそれほど渋滞しない。むしろ黒埼IC周辺や和合線、弁天橋周辺、旧国道7号などの方が、朝夕ラッシュ時の渋滞はひどい。本当なら郊外にこそ専用線がほしい。実現できそうなのは旧新潟交通電鉄沿いと山の下方面の旧貨物線くらいか。

一番問題なのは、やはり連節バスから通常のバスへ乗り換えが必要になるということ。乗り換えを多少スムーズにしたところで、直接行くよりは時間はかかるはず。…というわけでいろいろ考えると、ラピッドになるどころか、かえって遅くなるのでは?と思わずにいられない。やっぱり連節バスのRなんだ…。

だからといって、今から連接バスを無しにしてゼロから考え直そう!と思っているわけではない。もうこれ以上後退している時間はない。まずは導入してみる。その上で駅が必要なら作ればいいし、連節バス路線だって伸ばせばいい。個人的には古町からビッグスワンまで直接行けるようになるといいなぁ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中