東南アジア3都市に安く泊まる

東南アジアに行くのは、今度で5回目。すっかりハマってしまった。だんだんそれぞれの街でどう過ごせばいいかも見えてくた。

今年の夏も行ってきます!というか、妻と子どもたちは先行して出国し、今ごろはマレー半島の南端あたりで珍道中をしているところ。今回も新潟空港発、上海経由の中国東方航空にお世話になった。LCC(格安航空会社)が話題だけど、新潟から行くとなるとやっぱり中国東方航空が一番安くて楽だ。
・夏休みも新潟発着4万円台で東南アジアへ – note
https://note.mu/furumachi11/n/nb773b7a26ef1

とはいえ、いいことばかりでもない。新潟・上海便は以前の週4便から水・土曜の週2便に減ってしまったんだけど、6月は休便が相次ぎ実質週1便のみに。7月は休便はなかったんだけど、妻たちが乗った新潟から上海へ行く飛行機はがらがらだったらしい。廃止なんてことになったら困る。往復4万円くらいで東南アジアに往復できるんだけどなぁ。

今回、妻と子どもたちは約3週間、シンガポールからクアラルンプール、バンコクへと移動していく予定。さすがにこれだけ長いとリゾートで優雅に…なんて無理。割安な宿泊方法をいろいろ探すうちに、街によって選択肢が変わってくることに気がついた。まずは一番物価の高いシンガポール。
・シンガポールで遊んでマレーシアに泊まる – note
https://note.mu/furumachi11/n/nef4c3f602676

シンガポールで家族で泊まると、どうしても1泊2万円近くかかる。そこで今回は国境の橋を越えてマレーシアの南端の街、ジョホールバル(JB)に泊まることにした。JBからシンガポールはバスやタクシーなどで気軽に行ける。ただ今回はちょうどラマダン(断食)とハリラヤ(断食明け)の時期に当たり、国境は渋滞が激しいようだ。

シンガポールとJBを行ったり来たりした後は、マレーシアの首都クアラルンプール(KL)へ。KLはコンドミニアムやサービスアパートメントと言われるホテルとアパートの中間みたいなのが多い。ホテルより部屋は広いし、プールやショッピングセンターを併設するところもあり家族連れにはぴったりだ。
・クアラルンプールは暮らすように泊まる – note
https://note.mu/furumachi11/n/n47620e08c7c3

KLで僕も合流して、タイのバンコクへ向かう。マレーシアは食べ物が美味しいし、人々は陽気だし、街並みもカラフルで元気になれるんだけど、なんかバンコクに着くと安心する。色彩とか人の感じが日本に近いのだろう。仏教国だし。異国感はマレーシアが上だけど、住むならバンコクかな…と思う。

バンコクがいいのは、ホテルの選択肢が多くて安いこと。さすが東南アジア一の観光都市だ。4つ星のかなり高級そうなホテルが数千円で泊まれてしまう。
・4つ星ホテルが世界一安い街、バンコク – note
https://note.mu/furumachi11/n/n6e6788adf562

というわけで、東南アジア3大都市のリーズナブルな泊まり方を、この春始まった新サービス「note」にひっそり(夏休みが決まる前から)書きためていた。参考になりそうと思ったら、チャリンと「投げ銭」してもらえば記事全文が読めるんだって。面白い仕組みだなぁ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中