新潟海岸は湘南になれるか?

新潟市内で、この夏最初の花火大会は関屋浜(だよね?)。海岸の花火はやっぱりいい。もし新潟海岸が湘南級の一大観光地だったなら、今日は関屋浜、明日は日和山浜、来週はマリンピア…と、あちこちで花火が上がるのかも、と妄想してみる。

21日、関屋浜で2年ぶりに花火大会が行われた。たまたまウチのアホ長男が花火会場すぐ近くの西海岸プールにタオルを忘れてきたというので、花火に向かって自転車をかっ飛ばしていた。到着の少し前にスターマインが打ち上がり花火は終了。おかげで大混雑の人波を逆流してプールへ向かう羽目に。とほほ。

花火をちゃんと見ることはできなかったけど、海へ向かう道を埋め尽くす人波に夏の始まりを感じた。ちゃんと統計は見ていないので分からないけど、おそらく新潟市にもっとも観光客が来るのは海水浴シーズンと競馬開催が重なる夏だろう。この3連休以降、土日の市内ホテルは満室が続いているようだ。

新潟市の本格観光シーズンは夏。この意識は実は市内外でもあまり感じない。それどころか県外に行くと、新潟=冬のイメージが新潟市についても根強い。新潟市も屋根まで雪に埋まると思っている人さえ、まだまだいる。観光に限らず新潟市をもっと広くアピールするには、夏を前面に出していく必要がある。

新潟海岸を湘南にすればいいと思う。毎週末花火が上がるのもいいし、海岸沿いにリゾートホテルくらいあってもいい。あとは音楽か。サザンが新潟海岸を歌ってくれないかな…、いや、待てよ。新潟にはNegiccoがいるじゃないか。というわけで、新潟を湘南にする(かもしれない)新曲、あす発売だって!
・Negicco「サンシャイン日本海」MV(Full) – YouTube
http://youtu.be/4gHbnS1QcIA

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中