「ぶらり酒」が街を変える

金曜土曜は「ぶらり酒」のお客さんが1日で100人以上も来たんだって。たしかにこれで800円なら、お得だもんなぁ。

先週は古町8~9番町界隈の飲食店82店で、ハシゴ酒イベント「古町花街ぶらり酒」が行われた。僕は期間中は行けなかったんだけど、特に金曜日と土曜日はぶらり酒のパンフレットを持った人が街に多く見られた。今回で3回目となるこのイベント、お酒好きの間ですっかり定着したようだ。

イベント期間が終わっても今週いっぱいは「あとぶらり酒」として、半分ほどのお店があまりのチケットでぶらり酒メニューを提供している。そこで昨夜、7のつく日に「喜ぐちの日」の常連メンバーと一緒に「あとぶらり」を2軒めぐってから喜ぐちに行こうと、古町に集まったのだった。

ぶらり酒は4枚セットで前売3200円のチケットを買って、お店によって1枚か2枚のチケットでぶらり酒メニューの飲み物+料理1品が楽しめるというもの。つまりチケット1枚のお店なら、800円で飲み物と料理1品が楽しめるということになる。それだけでもかなりお得感がある。

しかも昨夜行ったお店はどちらも、料理1品と言いつつ1品ではなく何品か盛り合わせになっていた。そりゃあ100人以上のお客さんが来るわけである。2軒目に行ったお店はそこそこ広いのだけど、相席が続くフル回転状態だったとか。嬉々として話す店員さんの表情が輝いていた。

何かの講演会で、観光コンベンション協会の横山裕さんが言っていたのを思い出す。「ぶらり酒がイベントを越えて、街の営みそのものになればいい」。イベント仕立てではなく、古町8~9番町界隈はいつ来ても1軒1000円でぶらり酒ができる街になったとしたら。街の様子はかなり変わりそうだ。

何しろ参加店は、どれも全国チェーンのお店などではない。そもそもこの界隈に、全国チェーンのお店はほとんどない。それでもこうしてたくさんのお店が、それぞれに味と雰囲気で勝負している。その入り口のハードルを低くしてくれるぶらり酒イベント。これからも続けていってほしいと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中