三面川河口のパワースポット

川と海が出会うところ。荒天の時には波しぶきがかかりそうな海沿いの橋の向こうに、ひっそりと神社がある。先日は桜が満開で、神々しささらにアップ。

春から外回りで村上市に行くようになった。仕事だし外回りなのでいろいろあるけれど、風景にはいつも癒される。先週木曜日に行ったときには、ちょうど桜が満開。ちょっと時間が空いたので、以前に行って気になっていた人里離れた海辺の神社に行ってみた。

国道345号線の三面川を渡ってすぐ。左に折れて河口の方へ向かうと、川沿いに貼り付くように「滝の前」という集落が続く。家並みが途切れたところでクルマを降りる。その先は崖と水辺の狭間に、歩いて行ける道が続いている。満開の桜の下、歩いてみる。

時々河口を漁船が通るのが見える以外は、人けもない。すぐ下の水辺は穏やかだけど、逆は山林。最近村上市では、熊の目撃が続いている。山の方からガサッという音が聞こえると、身構えてしまう。自然に取り囲まれた環境にびびりながら進むと、小さな赤い橋が見える。その橋の向こうが「多岐神社」だ。

・多岐神社 (村上市)
http://www.genbu.net/data/etigo/taki2_title.htm
「瀬波のお滝様」と言われる多岐神社。橋の横には、海に注ぐ大きな滝がある。この滝から名付けられたのだろう。川と海と山がぶつかり、滝が落ちる。この神々しさは格別だ。これぞパワースポット。こういう場所に、昔の人は神社を建てたのだろう。

神社の下、河口に面した岩場には大きな杭が残る。かつては海から船でアクセスしていたのかも。冬の荒波では近づくこともままならなそうだ。4月28日には厳かな祭りが行われるという。厳しい環境にある神社だからこその、穏やかな春の訪れを祝う祭りなのかもしれない。桜の花はその頃まで保つかな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中