半年ぶりトラベラーズノート

4月から約半年ぶりにトラベラーズノートを復活。キッカケは部署の異動と、このリヒトラブの「キャリングポケット」との出会いだった。

新年度の部署異動で6年半ぶりに外回りをすることになり、ドキマギの半月が過ぎた。新しい部署で気分も一新、手帳代わりのメモノートをトラベラーズノートの軽量紙ノートに戻すことにした。ここ半年間は無印良品のモバイルノートを使っていた。でもやっぱりA4三つ折りのこのサイズが心地いい。

軽量紙ノートはよかったんだけど、表紙がペラペラしていて立ったままでは書きにくいのが難点だった。かといって、トラベラーズノートの革のカバーも厚ぼったくて…。そこで表紙が厚紙でできた無印良品のモバイルノートを使っていたんだけど、トラベラーズノートより少し幅が広いんだよね…。

そんな折、たまたま古町の老舗文具店をのぞいたら、A4三つ折りサイズのキャリングポケットというのを発見。A4三つ折りサイズということは、トラベラーズノートの軽量紙ノートのカバーにちょうどピッタリでは?と買ってみた。400円と安かったから、うまくいかなくてもいいや、くらいな感覚で。
・製品情報-SMART FIT キャリングポケットfor Travel|リヒトラブ
http://www.lihit-lab.com/products/catalog/F-7526.html

おー、思った通り軽量紙ノートがピッタリ。 カバー部分がプラスチックなので、外回りで立ったままでメモを書ける。「for Travel」の名の通り航空チケットやカードなどを入れられる部分があって、名刺や仕事の資料を挟み込める。ゴムバンドが付いているので、いろいろ挟み込んでも薄く持ち運べる。これはなかなかいい買い物。

スケジュールはこれまで同様、Excelで作ったオリジナルのものを印刷して挟み込んでいる。左ページに2週間、右ページに2週間で、見開きで4週間分が眺められるバーチカル式というのは変わらないけど、今回少し改良して「超整理手帳」のように紙をつなぎあわせてジャバラ式にしてみた。

左ページの2週間が終わったら、終わった分は切り取って、ジャバラの山折り谷折りを逆に折って挟み込めば、今の週が必ず左ページに来る。こうすることで、少なくとも2週先までは眺められる。超整理手帳と同じ要領だけど、見開き4週間というのが違うところ。先まで見える安心感は、新しい職場では大きい。

この見開き4週間バーチカル手帳ジャバラ式、どこかちゃんと作って商品化してくれないかな。リヒトラブかトラベラーズノートに売り込んでみようかな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中