見どころ求めて3連続シンポ

この連休に新潟市中心部で行われる3つのシンポジウムのテーマを見ると「やっぱり新潟市は見どころが課題なのかなぁ」と思う。「いや、見どころはあるじゃない? ゆっくり歩いてみれば…」という声も聞こえてきそうだけど。

■古町誕生祭2014「未来へ語り継ぐ 堀割再生シンポジウム」

『水と緑のプロムナードとして、装いを一新する下町の早川堀通り。花街やぶらり酒など、新旧の魅力により再び注目されている古町。ともに生まれ変わろうとする下町と古町の、未来を拓くカギとは?』
2014年3月21日(金・祝)13:30〜(13:00開場)
ホテルイタリア軒 5階 春日       定員100名(申込不要)
参加費500円(コーヒー付き)
http://www.niigata-furumachi.jp/2014/6205/

→古町近くに堀のある風景を復元できれば見どころにはなるだろう。でもほんの一部区間にテーマパークのように作るのはどうよ?という意見もある。街並みに花街らしい特別感を出したいなら、テーマパークでもいいからやればいいじゃん!と僕は思うんだけど。

建て替えの計画がある三業会館の敷地内に、時代劇のセットみたいな「堀もどき」を作るだけでも、スタートとしてはいいのかもしれない。芸妓さんの顔ハメパネルも置けば、ちょっとした撮影名所になりそうだ。

■「えんでこ」まち歩きフォーラム

『それぞれのまち歩きの視点やこれからの「えんでこ」の可能性などについて,皆さんから熱く語り合っていただきます。「えんでこ」に参加したことがある方はもちろん,参加したことがない方も是非ご参加ください』
2014年3月22日(土)13:00〜16:30
新潟市民プラザ
定員先着250人(要申込)
http://www.specialsite2.city.niigata.jp/chuoku/2014/03/post-181.html

→最近では街歩きは、観光の一要素としてすっかり定着した。観光地的な見どころがないと言われがちな新潟市中心部だけど、歩いてみれば歴史とか地形とか「ブラタモリ」的な面白さにあふれた街という側面が見えてくる。

僕もシモに点在する7つの神社と、近くの立ち寄りグルメスポットをめぐる「パワースポット+食べ歩きコース」というのを考えている。食べ歩きスポットも、笹だんごにおにぎり、大福、豆乳ソフトクリーム、カレーパン…ともう少しで7ヵ所揃うんだけど、でもこれってかえって不健康そうだよなぁ…。

■What’s NiiGATAフォーラム What’s NEXT?

『What’s NiiGATAキャンペーンで皆さんからご応募頂いた「What’s」をテーマにパネリストによるディスカッションを行います。
皆さんが抱いている新潟のイメージとは?今後新潟市に必要なものとは?
新潟港開港150周年(2019年)に向けた白熱のディスカッションにご期待ください』
3/23(日)14:00(13:30受付開始)〜17:00
メディアシップ2F「日報ホール」
定員先着150名 (要申込) ・参加費無料
http://nvision-pjt.jp/event/20140221_418.html

→昨年10月から行われていた「What’s NiiGATAキャンペーン」。萬代橋近くの川沿いに突然現れた「What’s NiiGATA」のモニュメントは、ついつい引き寄せられてしまう何かがあった。ホテルオークラに泊まっている外国人もハイテンションで飛び出してきたり…。

でもネット上で「あのモニュメントはいかがなものか」という意見が多く見られたのは、意外だった。いや、この反応こそが新潟らしさなのか。うーん。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中