BRTについて改めて考えた

「BRT=古町を走る連接バス」ということになってしまったんだよねぇ、新潟市の場合。どうしてそうなっちゃったんだろう…。

新潟市に導入しようとしているバスによる新交通システム「BRT」。連節バスの購入に反対する署名が10月に出された一方で、購入に向けて入札が行われるなど、事態が動いてきている。ここで少し整理しておきたい。

新潟市はJR以外の軌道交通を持たない。自動車依存は進むばかり。これでは超高齢化社会に対応できない。市内をもっとすいすい移動できる新しい交通システムが必要ではないか…。このような考えから、モノレールや路面電車、バスによる新交通システムの導入が検討されてきた。

この動きに大きく関わってきたのが、古町商店街。バスで来るしかない古町に客足を取り戻すために、軌道の交通機関がほしい。商店街の思いと、古町周辺の地価下落で固定資産税収入が落ち込むのをなんとか防ぎたい市の思惑が一致し、自動車依存が進む郊外よりも市内中心部に新交通を設置する方向にシフトしていったようだ。

検討の結果、バスを利用したBRTの採用が決まる。モノレールや路面電車を期待していた人は、少なからずがっかりしただろう。しかも路線は新潟駅から白山駅(その後、青山まで延びることになる)。え、結局バスなの? しかも乗り換えが必要って、今より不便になるんじゃない? 郊外に住む市民などから不安の声が上がり始める。

一方、古町にカッコいい交通機関を走らせたい古町商店街と新潟市は、BRT路線に連節バスを導入しようとする。これなら未来的でカッコいいよね…と思ったら、交差点で曲がりきれるの?雪でも走れるの?車両価格が高いんじゃない?などの新たな不安の声を呼び、署名が出されるところにまで至ってしまう。

…ざっと、こんな感じ。なぜ古町?なぜ連節バス?と思っている人はきっと多い。でも本当は『既存道路にバス専用レーンを設け、連接バスを「時刻表を気にしなくてすむ頻度」で運行させるとともに、既存バスとの乗換ターミナルの整備や乗換運賃体系を設定し、人々の移動を円滑に・活発に』することを目指す取り組みのはずなのだ。
・いま注目の公共交通システム「BRT」とは?(伊原 薫) – 個人 – Yahoo!ニュース
http://bylines.news.yahoo.co.jp/iharakaoru/20130920-00028194/

この記事にも紹介されているブラジルのクリチバ市と違って、郊外へスプロールしまくっている新潟市でどれだけの効果があるの?とは思う。新潟駅から古町を通って青山だけでは、駅南や東区方面に住む人からはなかなか理解は得にくいだろう。新潟駅・青山間だけでなく、もっといろんな方面に枝分かれさせないとメリットが出せない。

例えば関屋辺りから枝分かれして出来島辺りまで延びれば、バス乗り換えで女池・鳥屋野方面はカバーできる。明石通りから枝分かれして沼垂方面にも延びれば、東区方面の人も使える。新潟駅の高架化が完成したら、駅をくぐって弁天橋方面に延伸してくれるとさらにいい。ビッグスワンまで行けると理想的だなぁ。

古町だけのためのものではないし、本来連節バスありきでもない。多くの人が今よりすいすい動けるためのものなんだよ、というのがもっと伝わる計画になってほしいなぁ、と思っている。

広告

BRTについて改めて考えた」への3件のフィードバック

  1. 新潟国際情報大学の山下と申します。2014年1月に古町の中央キャンパスで講座「世界の公共交通 ~LRT、BRT、LCCとは?~」を行います。案内を郵送したかったのですが、住所が分からないため本コメントにて案内差し上げます。詳細は以下のURLをご参照下さい。
    https://ssl.smart-academy.net/nuis/course/detail/216/

  2. 山下先生、ご案内ありがとうございます。興味深い内容ですね。水曜の夜に行けるかどうか…ちょっと厳しそうではありますが、調整を図りたいと思います。

  3. ピンバック: 「BRT選挙」の結果に思う | 新潟シモ古町 ときどき脳内マレー半島

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中