新潟Valleyに突然冬が来た

日曜日にムスメが観ていた『ムーミン』。ムーミン谷に冬が訪れるシーンが、新潟の冬の訪れにそっくりで。雲が風に飛ばされ、海辺には霧のように舞い上がる波しぶき…。「もうすぐ新潟もこんな季節が来るんだよねー」なんて話していたんだけど…え、いきなりですか?

11日の新潟市は、昼前くらいから冷たい風の吹き付ける荒天に見舞われた。市内でも一時的にアラレが降り、ほんの1週間前に紅葉散策した南魚沼では早くも吹雪となったらしい。会社の窓からは雲が風に飛ばされ、遠く河口には霧のような波しぶきが見えた。ムーミン谷と一緒じゃないか…。

お昼を買いにほんの少し外に出ただけなのに、行きの横断歩道では突風で傘が一瞬のうちに壊れ、帰りの横断歩道ではレジ袋が風に翻弄され、買ってきたお弁当はぐちゃぐちゃに。あーあ。ただでさえ寒いのは苦手なのに、冬の入口で早くも萎えてしまう。

ムーミンは子どもたちに自然のやさしさと厳しさを教えてくれる良作だ。ムーミン谷に冬が訪れ、雪が降り積もる頃にはムーミンたちは冬眠に入る。そして、スナフキンは春まで放浪の旅へ…。あまり自然には抗うな、ということなんだろう。冬眠、放浪の旅…、いいなぁ、ムーミンライフ。

せめて新潟の街がもう少し屋根でつながっていてくれたら、と思う。古町はまあいい。万代もまあまあ。駅から万代、古町まで屋根伝いでつながっていたら、中心街は違う展開になっていたかも。でも橋に屋根がかかっていたら、この突風ではぶっ飛ぶか。自然に抗うなということ。傘だって、無理してささなければよかったのだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中