発信したい新潟の「何?」

そう、ちょうどこの辺り。萬代橋近くの水辺にガッカリ名所があるといいのに、と前から思っていた。このモニュメント、ガッカリ名所とは違うけど、なんだかウキウキしてくる。

新潟市の「何?」を市民みんなで見つけ出そうという「What’s Niigata」キャンペーンが明日から始まる。明日はホテルオークラ前のやすらぎ堤に設置されたモニュメント周辺で、カヌー体験やフリーマーケットなどのオープニングイベントが行われるらしい。
・「What’s Niigata」オープニングイベント 10月5日(土)@やすらぎ堤周辺 | 志民委員会 N·Vision プロジェクト
http://nvision-pjt.jp/event/20130918_298.html

このモニュメント、一言で言うとオランダ・アムステルダムの「I amsterdam」の新潟版なのかな、と思う。『シビックプライド 都市のコミュニケーションをデザインする』という本によると、アムステルダムに住む人が「この街に住む誇り」を高めるために行われたキャンペーンで効果的に用いられたのが、「I amsterdam」のモニュメントだという。

訳すと「私はここにいる」という感じになるだろうか。 美術館の前に設置されたこのモニュメントを見るたびに「私はここにいる」ということを実感し、自由でクリエイティブな都市アムステルダムにいる「自負」を心に引き起こしてくれるのだという。なるほど。

『新潟って、何?』。萬代橋を渡る時、このモニュメントを見るたびに、自分に問いかける。まわりの人と話題にする。新潟市の魅力って何だろう? そのことが地元のタカラモノを掘り起こし、都市と人々との間にコミュニケーションが生まれる…はず。

今朝はホテルオークラから出てきた外国人観光客が、早速ここで写真を撮っていた。Facebookとかにアップするのかな。あまり難しく考えなくても、このモニュメントをきっかけに新潟市を発信してもらえればいい、と思う。そのためのガッカリ名所なのだから。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中