新潟の小路がグッドデザイン

「新潟の人、風景、歴史、いろんな魅力を『楽しむ姿勢』がグッドデザイン賞2013なので(^_^)v皆さんが、グッドデザインなのです(._.) φ オケ〜」と、仕掛人の野内隆裕さん。そうか、街を歩いて面白がる僕らもグッドデザインなんだ!

先日の「スリバチトーク&街歩き」を主催した路地連新潟の<新潟の町・小路めぐり>が、グッドデザイン賞を受賞! シモに暮らし始めて10年近くになるけど、この街がグッドデザインに輝くとは思ってもみなかった。うれしい。
・自分の町の楽しみ方・まちあるきのしかけ [新潟の町・小路めぐり] | Good Design Award
http://www.g-mark.org/award/describe/40420?token=7doOnNhxHp

<新潟の町・小路めぐり>は、新潟市古町周辺の小路の風景を、野内さんがイラストに描いたことから始まった。自前の案内板、ガイドマップの作成、街歩きイベントなどへと広がり、名所旧跡でもない小路に市民の目が向くきっかけとなった。人がやっとすれ違うくらいの何気ない小路にも、ちゃんと歴史ある名前がついているのは新鮮な驚きだった。

グッドデザイン賞は、7年前には横浜市が受賞している。横浜市は、地域の歴史や文化を生かした都市デザイン形成が評価されての受賞だったが、みなとみらいや赤レンガ倉庫など、あくまで行政主導で新しい価値を作り出す開発型の街づくりだったと言っていいと思う。

それと比べると <新潟の町・小路めぐり>は、新たに何かを作り出すのではなく、すでにそこにあるモノに光を当てている。当たり前のこと、価値がないと思い込んでいることでも、ちょっと視点を変えるだけでタカラモノになりうる。そのタカラ探しは誰もが参加でき、新たな視点が増えるごとに楽しみ方がふくらんでいく。

横浜型から新潟型へ(ニイガタガタ、ちょっと言いにくいけど)、街づくりの考え方が変わりつつあるのを感じる。僕はそんな後ろを面白がりながらついて行っているだけだけど、『皆さんがグッドデザイン』と言われるとうれしくなってしまう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中