東南アジアに目覚めて1年

毎朝スマホのアプリで聴いているシンガポールのFM局。もうすぐF1グランプリとか、中秋節が近づいてきたと話しているのを聞くと、あれからもう1年経つんだなぁと思う。

家族で初めてマレーシアとシンガポールへ行ったのが、ちょうど1年前の今ごろ。1年前の今日は…えーと、シンガポールの中秋節の派手な電飾がついた橋のたもとで、タイガービールガールズにくらくらしていたみたい。
・毎晩が蒲原まつり状態?の街 – 新潟シモフルのおんぼろビルに暮らす
http://yaplog.jp/furumachi/archive/1533

家族で初めての海外旅行だったので、まあ珍道中だったと思う。ホテルではスタッフの話す英語がさっぱり分からないし…。ブログにアップしたタイガービールガールズともほとんど話せなくて、白人さんと彼女たちが談笑する脇でちびちびビールを飲むばかり。英語が聞き取れるようになりたい!とホンキで思った。

それから1年。マレーシアとシンガポールには、最初の時と合わせて3回訪問した。新潟空港発着の上海乗り継ぎで1人往復4万円前後で行ける中国東方航空の存在が大きいんだけど、それにしても東南アジアの魅力にハマってしまったのだと思う。

なぜ東南アジア?とよく聞かれるけど、やはりここは中華圏、イスラム、インド、オーストラリアなどの人が集まるアジアのハブだと思う。人種のるつぼで、活気があって、でも南国らしくユルくて。日本は最高に暮らしやすい国だと思うけど、たまにはごちゃごちゃしながらどこかユルい世界に飛び込みたくなる。

初めて行くまでは、長男はウォシュレットのないところには行けないと豪語していたが、今では平気でイスラム式のトイレを使っている。シャワーがついているから、ウォシュレットと一緒と言えば一緒か。最初はほかほかのご飯しか食べられないと言っていたのに、前回の旅ではナシレマにハマっていた。子どもたちの世界は確実に広がっている。

僕の英語力はというと…相変わらずの珍道中。子どもたちには、これでも世界はなんとかなる(でもちゃんと話せる方がいい)というのを、体を張って伝えているつもり。いい反面教師になって、いつか子どもたちに通訳してもらえればいいかなと。とほほ。

広告

東南アジアに目覚めて1年」への2件のフィードバック

  1. 初めまして。
    こちらのブログを参考にさせて頂き、私も中国東方航空を利用してカンボジアに行ってきました!
    とても素晴らしい旅になったので、勝手ながらお礼を言いたくてコメントさせていただきます。

    新潟からもっと世界へ飛び立つ人が増えるといいですよね。

    • はじめまして。
      おー、行かれたんですね、カンボジア。カンボジアにも上海乗り継ぎで行けるんですね(知りませんでした)。ベトナム、カンボジアにもいつか行きたいと思っています。
      このブログが少しでも参考になったなら、うれしいです。こちらこそ、ありがとうございます。
      こんなに楽チンに海外へ行けるんだから、新潟の人ももっと行ったら?と思って、あちこちで言ってまわっています。404さんも、ぜひ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中