ペナン島行き船などTIPS

・イポー郊外のアマンジャヤバスターミナルから約2時間、ペナン対岸のバターワース行きバスは、親子4人で約70RM(日本円で約2000円)。チケットカウンターのお姉さんは「アナウンスがあったら乗り込んで」と言うが、そのアナウンスがマレー語オンリー。改札の人も「もう少し待て」というばかり。近くにいた親切なおじさんが教えてくれなかったら、乗り過ごすところだった。

・バターワースのバスターミナルのすぐ隣が、ペナン島へ向かうフェリー乗り場。鉄道駅も同じところにある。カウンターでチケットを買って隣の改札を通るのかと思ったら、カウンターは両替するだけ。改札はコインを入れて、ガチャンと通る仕組み。大人1人1.2RM(日本円で約40円)、小人1人0.6RMと、安い。しかも帰りは無料らしい。

・ペナン島への乗船時間30分ほど。クルマと人が分かれてなくて、なんと同じ甲板に一緒に乗る。まさに自転車でそのまま乗る渡し船のフェリー版という感じ。すると西洋人の旅行客が、乗っていたタクシーと交渉して、そのまま乗り込んで下船していってしまった。なるほど、その手があったか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中