半世紀前のバスターミナルから先進交通ハブへ…マレーシア高速バス3時間の旅

半世紀前から時が止まっているかのような田舎町のバスターミナルから、首都に新しくできた交通ハブへ。3時間で50年も移動した気分だ。

お盆はシンガポールからマレーシアへ、約1週間の旅に出かけていた。マレーシアでは、首都クアラルンプール(KL)から特急列車で2時間ほどの田舎町、カンパーに行った。今夏も昨年に続き、妻と子どもたちがカンパーの学校に約1ヵ月間、短期留学していたのだ。

カンパーは、もともと錫(スズ)から作る合金、ピューターの生産で栄えた街だ。駅を降りると、錫で栄えた時代の古めかしい建物が並ぶオールドカンパーが広がり、その北には2002年創立のトゥンク・アブドゥル・ラーマン大学を中心とした真新しい学生街がある。街の規模としては胎内市の中条くらいだろうか。

田舎町とはいえ中心街はにぎわっている。オールドカンパーの中心にはマーケットと屋台街があって、朝から多くの人が集まっていた。マーケットではその場で鶏を絞めたりしていて、日本ではなかなか見られない光景がある。中華系の多い街だそうだが、豚肉を扱うマーケットは別棟になっているのはイスラム教の国らしい。

カンパーのバスターミナルはそんなマーケットのすぐ近くにある。最近はマレーシアの国鉄も充実してきて特急列車が走ったり駅舎が新しくなったりしているが、庶民の移動手段は今もバスがメーンだ。バスターミナルは古めかしい街並みに違和感なく、実に味わいのある建物だった。錫で栄えた頃から変わらないのかもしれない。

帰りはここから高速バスでKLへ。途中の街に寄りながら約3時間、KL郊外の「TBS」へ向かう。TBSと言ってもテレビ局ではない。正式名称はマレー語で、Terminal Bersepadu Selatan。マレーシアが国の威信をかけて整備したバスターミナルだ。

その規模はバスターミナルの想像を超える。ロビーはバスターミナルというよりもまるで空港みたいだ。それもそのはず。ここは単にバスターミナルだけでなく、国鉄駅やLRT(地下鉄)駅ともつながる交通ハブなのだ。KL中央駅から空港へ直結する特急列車も発着するし、大きな立体駐車場も完備している。

カンパーとの違いにくらくらしそうになる。LRTに乗り換えると見えてくるのが、中央駅周辺に建ち並ぶ50階ほどの高層ビル群。田舎と首都の差は日本以上に広がっているようだ。

ここはシンガポールの中の新潟? アルビ新潟SGホームゲーム観戦記

アルビがホームゲームで4-0の大勝利! シンガポールの話だけど。

お盆はシンガポールからマレーシアへ1週間の旅に行っていた。シンガポールでは、サッカー・シンガポールリーグのアルビレックス新潟シンガポール(アルビSG)対ヤングライオンズの試合を観てきた。

アルビSGの試合を観るのは今回が2回目。前回はアウェイゲームだったから、ホームゲームは今回が初めてだ。シンガポールの西側郊外、中心部から地下鉄東西線で約30分行ったチャイニーズガーデン駅近くにあるジュロンイーストスタジアムがホームスタジアムだ。

現地に着いてまず驚いたのがアルビSGの売店などのスタッフ。みんな日本語が話せる、というか、みんな日本人のようだ。当たり前と言われるかもしれないが、シンガポールに着いてシングリッシュの洗礼を受けまくってきたから、この安心感は大きい。

シンガポールリーグカップ連覇を記念したTシャツを買って、スタジアムに入る。シンガポールリーグカップというのはJリーグで言うナビスコカップみたいな感じ。そう、アルビSGは強いのだ。リーグ戦も現在首位にいて、チームの今季の目標はリーグカップ、シンガポールカップ、リーグ戦の3冠なのだとか。

1000人ほど入りそうなスタンドも日本人が多い。ピッチには見慣れたオレンジブルーのユニフォームの子どもたち。サッカースクールの子どもたちらしい。試合前に踊るチアリーディングも子どもたち。中には現地在住らしい子どもも見える。さすがNSG、ここでもスクール経営がいい効果を生んでいるようだ。

すぐ近くで観ていた駐在員の奥さまも、子どもがサッカースクールにいるらしく「シンガポールに来るまでは、アルビレックス?Jリーグ?って感じだったんですけど…」と話していた。これをきっかけに、彼女らご一家が日本に帰国してからも、アルビ戦を観に来たりしたらちょっとすごい。

7時30分キックオフ。相手のヤングライオンズというのは、選手の大部分はシンガポールU-23代表で構成されていて、実質この世代のシンガポール代表チームなのだとか。それがリーグ戦を争っているのは今ひとつピンと来ないが、そんな代表チーム相手にもアルビSGは優位に試合を進め、後半開始早々1点を先制する。

そして試合終了近くに相手選手が一発レッドカードで退場して数的優位に立つと、立て続けにゴールを決める。終わってみれば4-0の大勝利。選手たちの勝利のラインダンス?に、スタンドは大盛り上がり。アルビでこんな試合が観られたのは久しぶりだ。ご本家新潟のアルビにも少しこの勢いを分けてほしいくらいだよ。

さて、最後にちょっと内緒話。この試合の入場料は6シンガポールドル(約500円)と、日本よりかなり安いのだけど、今回我が家はタダで観てしまった。スタジアム近くのホーカース(フードコート)に、日本料理を出すその名も「アルビー食堂」というお店があるのだけど、そこで食事をしたら入場券をくれたのだ。ムスメは久しぶりに食べるサバの塩焼きを大絶賛していたし、こっそりおすすめだ。

さてリーグ戦の残りは6試合。2位タンピネス・ローバースとの勝ち点差は、なんと1しかない。シンガポールリーグカップに続いて新潟の名をシンガポールに轟かせるか。注目したい。

お盆でも往復3万円台!新潟空港発着、中国東方航空で行く東南アジアは超格安

お盆期間でも早めに予約すれば、新潟空港発着で東南アジア往復がなんと39,380円。やはり上海経由の中国東方航空は最強だ。

今年もお盆期間はマレー半島へ行くことにしている。今年は新潟空港から上海経由でシンガポールへ飛んで、先に現地に行っている家族と合流。エアアジアでクアラルンプール(KL)に向かい、KLからやはり上海経由で新潟へ帰るという約1週間の行程だ。

◆中国東方航空で海外が近くに

今回はExpediaで2ヵ月近く前に予約して、燃油代や空港税など込みで往復39,380円。お盆だから少し高めだったけど、先に現地へ向かった家族は往復1人3万3千円台だった。話題のLCCよりも安いだろうし、何より新潟空港から行けるというのが楽でいい。毎週水・土曜の週2便しか飛んでいないのがネックと言えばネックだが、これなら国内旅行より安い。

安いからというわけでもないだろうが、トラブルもないわけではない。昨年は上海経由でKLへ向かう予定だったのだが、新潟空港から上海へ行く飛行機が遅れてKL行きに間に合わなかった。上海浦東空港は超巨大空港で、管制の都合でこういうことが時折あるのだ。
◇フライト遅れでKL行きに乗れず…思いがけず2週間ぶりのシンガポールへ | 新潟シモ古町 ときどき脳内マレー半島 https://furumachi11.wordpress.com/2015/08/29/%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e9%81%85%e3%82%8c%e3%81%a7kl%e8%a1%8c%e3%81%8d%e3%81%ab%e4%b9%97%e3%82%8c%e3%81%9a%e6%80%9d%e3%81%84%e3%81%8c%e3%81%91%e3%81%9a%ef%bc%92%e9%80%b1%e9%96%93/

上海からKLへ向かうのは1日1便のみ。上海に1泊(宿泊料金は航空会社が出してくれるだろう)して翌日の飛行機で行くのが通常のパターンだろうが、この時はシンガポール行きに乗り換えることにした。シンガポール行きが上海を出るのは深夜1時。通常ダイヤなら上海乗り継ぎで9時間もあるから、上海着が多少遅れても余裕がある。

今回は最初からシンガポールに向かう行程だから、多少遅れても乗り継ぎできなくなる心配はないだろう。むしろ乗り継ぎ時間の9時間をどう過ごすか。リニアと地下鉄を乗り継いで上海の街まで行ってみようか。それとも話題の上海ディズニーランドを、入り口だけチラ見して来ようか。

◆ASEAN移動はエアアジア最強

シンガポールからKLへは今回はエアアジアで飛ぶことにした。フライト時間は約1時間。これで家族4人で18000円ほど。これでも十分安いのだが、数日前にKLからシンガポールへ家族3人が来る時は3人で7千円ほどで予約できた。ASEAN圏内はエアアジアを使えば高速バス並みの気軽さで移動できる。

かつてはマレー鉄道の夜行列車で行き来したこともあった。なかなか味のあるおんぼろ列車で、個室の2段ベッドに寝ながら移動するのも楽しかったのだが、最近はどういうわけかほとんど予約ができなくなってしまった。マレーシア国内の鉄道網の特急化が進んでいるのが影響しているのかもしれない。
◇深夜特急から朝の動物園へ – 新潟シモフルのおんぼろビルに暮らす|yaplog!(ヤプログ!)byGMO
http://yaplog.jp/furumachi/archive/1569

昨年はシンガポールからマラッカまで高速バスで行ったりもした。先に書いた上海での乗り継ぎ失敗で、シンガポールから陸路でマラッカを目指したのだが、これはこれで楽しかった。ジョホールバルのラーキンというバスターミナルがこれぞローカルって感じで、空港などにはない味わいがある。突然アザーンが喧騒のターミナルに鳴り響いたり。
◇思いがけずシンガポール~マラッカ260kmバス乗り継ぎの旅 | 新潟シモ古町 ときどき脳内マレー半島
https://furumachi11.wordpress.com/2015/08/29/%e6%80%9d%e3%81%84%e3%81%8c%e3%81%91%e3%81%9a%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%ef%bd%9e%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%ab260km%e3%83%90%e3%82%b9%e4%b9%97%e3%82%8a%e7%b6%99/

今回は一気に飛んでしまうけど、またいつか陸路をトコトコ移動してみたいと思う。

庵野総監督の新解釈!『シン・ゴジラ』がすごい【後半ネタバレあり】

評判は聞いていた。でも怪獣映画でしょ?と、少しなめていた。すみません、すごい映画でした。先入観抜きで、大スクリーンで観てほしい。

先日公開になったばかりの映画『シン・ゴジラ』を観てきた。12年ぶりの日本製ゴジラ映画ということだったけど、実は日本のゴジラ映画は観たことがない。ハリウッド製「ガズィーラ」も一昨年に話題になったのではなくて、20年ほど前のを観たきり。ついでに言うと、総監督の庵野秀明氏の代表作、エヴァンゲリオンも観たことがない。

…とないない尽くしなのだが、『シン・ゴジラ』については土曜日くらいからツイッター上で評判がすごかった。
「いいよ!! めちゃくちゃいいよ!」
「シン・ゴジラはすごい。書いても書いても文章が出てくる」
「対ネタバレ食らう前に見た方がいいです」
「シン・ゴジラめちゃくちゃ面白いぞ!! 2周目行ってくる!」
「ありがとう庵野監督。 今日まで生きていてよかった」
ここまで言われたら観ないわけにはいかない。

感想は…とにかくすごかった! これまで観たことのないCGゴジラの大迫力、自衛隊や米軍まで総動員したリアルな戦闘シーン、未曾有の事態に対応しようとする政府の緊張感と無力感、そして絶望の縁から立ち上がる力強さ。これらが約2時間に詰まっていた。ニッポンもニッポン映画も捨てたもんじゃない、というか、最高だ! ぜひこれはネタバレ食らう前に劇場で観てほしい。

というわけで、以下ネタバレ。










やはり表現者にとって、5年前の東日本大震災の影響は大きかったのだなぁ…と改めて。ゴジラが最初に東京に上陸して、未曾有の事態に対応しようとする政府関係者の様子は、その混乱ぶりも含め東日本大震災の発生時を思わせる。そして最後、「ヤシオリ作戦」でゴジラを倒す最終兵器は、福島第一原発に投入されたのと同じポンプ車。命がけのポンプ車が日本を救ったのだ、原発もゴジラも。

この映画の社会派な部分は日米安保法制をもあぶり出す。途中、ゴジラが東京都心を焼け野原にし絶望の縁に立たされたところで、アメリカが介入しようとしてくる。核爆弾でゴジラを攻撃するというのだ。もう、ムチャするわ〜と思うけど、これこそが自国の防衛を他国に頼る恐ろしさ。だからこそ映画的には日本で何とかしようという緊急対策チームの痛快ぶりが際立つのだけど、現実で考えると少し怖い。

…などという社会派な部分を抜きにしてもエンターテインメントとして十分楽しめる。最後のヤシオリ作戦で、新幹線に在来線、高層ビルまで総動員して「ニッポン対ゴジラ」を演出するのは少し笑ってしまう。ありがちな「愛する人のため」みたいなお涙頂戴もなく、石原さとみと恋愛関係になることもなく、全体にさらりとしているのも僕好み。観終わって爽やかな印象が残った。

さて明日1日は映画の日。平日だけど、万代のTジョイでは夜7時台と9時台に上映があるので、仕事帰りでも間に合う。きっとこれは何年も語り継がれる作品になる。特撮好きもそうでない人にも楽しめるはずだ。

海外で日本のJリーグ中継を観る方法…スカパー+Nasneでカンタンに観られる!

長男が海外へ行く条件。それは現地でもアルビレックス新潟の試合中継が観られること。お隣シンガポールにもアルビがあるんだから、それでいいじゃない?と思うけど、そうはいかないらしい(そりゃそうか)。

今回マレーシアへ行って、最初の土曜日。現地でもアルビの試合が、無事Wi-Fiをつないだタブレットで観られたらしい(写真は野球が映ってるけど、実際に観ていたのはアルビ。Wi-Fiが入るランドリーで観ていたようで)。アルビも久しぶりに勝ったし、「最高の週末」をマレーシアで過ごしたというわけだ。

どんな仕組みで観たか。それにはまず、我が家のテレビまわり事情を知る必要がある。

もともと前の家は電波障害でテレビ電波が入らず、光回線を使うフレッツテレビでテレビを観ていた。光回線とルーターがアンテナ代わりと思ってもらえばいい。このフレッツテレビでスカパーのJリーグパックも契約していたので、パラボラアンテナ代わりにもなっていたことになる。

引っ越しで新居に移っても、フレッツテレビはそのまま使い続けることにした。さらに、リビングにテレビがなくても各自がスマホやタブレットで観られればいいよね、とソニーのNasneを導入してフレッツテレビのルーターとつないだ。これで我が家はWi-Fiでテレビ電波が飛んで、手元のスマホのNasneアプリでテレビが観られるようになった。

このNasneがすごいところは家庭内Wi-Fiでテレビが観られるだけではない。出先からでもNasne経由でテレビが観られるのだ。さらに今回妻と子どもたちが出発する時に、フレッツテレビと契約したB-CASカードをNasneに差して行った。これでフレッツテレビで観られるチャンネルはすべて、Nasne経由で出先でも観られるはず。

でも思う。国境を超えたら観られないんじゃないの? そもそもスカパーでJリーグパックを契約していれば、出先でもスマホやタブレットで中継が観られるはずだったのだ。しかし!昨年マレーシアではなぜか観られなかった。国境は低くなっているはずだけど、放送業界の国境は今も高いということか。

そして今回はNasneを導入することとなった。自分で書いてても複雑でわけが分からなくなるが、Nasneは国境の問題も無事クリアして、マレーシアでもアルビ戦を観ることができた。まずはよかった。でも来年はまた事情が変わるんだろうなぁ…。
◇格安中継、スマホが主役 Jリーグ放映権2100億円で契約 : 日本経済新聞
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASDZ20HTU_Q6A720C1TI5000

ところで…来週土曜日はブラタモリの新潟の回とアルビ戦中継がモロに重なっている。Nasneで同時に観られるのは1チャンネルだけだ。これは5000キロを超えたチャンネル争い勃発か!? どこかでパブリックビューイングしないかなぁ、ブラタモリの。

学費+寮費が1年で1.5倍以上!それでも割安なマレーシアで英語漬け夏休み

最近物価上昇が激しいと聞くマレーシア。でもまさか1年で1.5倍になるとは。マレーシアリンギ安に助けられたけど。

この夏も、妻と子どもたちは昨年夏に続いてマレーシアの学校の4週間プログラムに行くことにした。昨年と同じ、首都クアラルンプール(KL)から特急列車で2時間ほどのカンパー(Kampar)という田舎町にある学校に寮から通う。寮に親子で入れるというのがポイントだ。
◇子ども2人寮費込み4週間30万円から!マレーシアで英語漬けの夏休み | 新潟シモ古町 ときどき脳内マレー半島
https://furumachi11.wordpress.com/2015/07/05/%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82%ef%bc%92%e4%ba%ba%e5%af%ae%e8%b2%bb%e8%be%bc%e3%81%bf%ef%bc%94%e9%80%b1%e9%96%9330%e4%b8%87%e5%86%86%e3%81%8b%e3%82%89%ef%bc%81%e3%83%9e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2/

当初、実は迷っていた。昨年は学費+寮費が親子3人で4週間9366リンギ、30万円ちょっと。4週間の寮費も込みならいいんじゃない?と思っていた。実際に4週間通って子どもたちが英語を話せるようになったかというと…ムスメは英語よりも「自分の名前、ハングルで書けるようになったよ〜」。日中韓から集まる学校だったようで。

そして今年も行きたいと言うから募集チラシを見たら、学費+寮費が親子3人で4週間14575リンギと、まさかの1.5倍以上になっていた。日本円にすると47万円!? ひゃー、新興国の物価上昇恐るべし! うーん、どうしよう…。

でも待てよ。このチラシ、1マレーシアリンギ=33円で計算されている…。実際にはマレーシアリンギは昨年8月以降下降基調に入っていた。上海から始まった世界的な株安や、国営企業ペトロナスの不調などが原因とされているが、中国との関係が深いマレーシアのこと、「中国がクシャミをすれば…」ということなのだろう。

今はどうなっているかというと、1マレーシアリンギ=26円ほど。これで計算すると40万円を切る。いや、たしかに安い買い物ではないけど、でも「世界は広い。でもつながっている」というのをこの時期に体験することは意義があると思ってる。英語が話せるようになれば言うことなしだけど…まあいいや。

それにしても、内需産業がそれほど強くなく輸入に頼りがちなマレーシアで、この物価上昇と通貨安は何かと大変そうではある。テロの心配もないわけではない。でもそれが世界だと思う。平和な新潟にいては感じられない何かを感じて来てくれればいいな。

今年の夏はやすらぎ堤で外ビール!水辺の街なかビアガーデン始まる

札幌は大通り公園、横浜なら山下公園、そして新潟はここ、やすらぎ堤。ビアガーデンも始まり、人が集う街なかの広場になりそうな予感がする。

梅雨明けも間近で、いよいよ外ビールの季節。新潟市の信濃川やすらぎ堤、萬代橋から八千代橋の間で「ミズベリング」と呼ばれるにぎわい空間の営業が始まった。川沿いの堤防に5つのビアガーデンと7つの飲食店が並ぶという。
◇ミズベリング信濃川やすらぎ堤  新潟市
https://www.city.niigata.lg.jp/smph/shisei/toshikeikaku/machisai_top/mizbering-yasuragi.html

もう20年ほど前になるだろうか。夏の札幌に行ったら、街なかを貫く大通り公園が丸ごとずらりビアガーデンになっていたのに驚いた。丁目ごとにビールメーカーがビアガーデンを展開してて、席数は合わせて1万席以上! さすが北の観光都市だと思ったものだった。

新潟だったらどこがいいだろう。街なかに大きな公園は少ないけど、どーんと街を貫く信濃川があるじゃないか。ここが新潟市の大通り公園になるのでは? そう思ってから、約20年。やすらぎ堤の整備は進み、萬代橋近くのサンセットカフェも定着した。機が熟したということだろうか。

そしてこの夏、いよいよミズベリング信濃川やすらぎ堤として、河川空間が「開放」された。新潟市内などの飲食店オーナーが様々なお店をオープンするという。7月7日には乾杯イベントも行われるというので、開店前にぶらり歩いてみた。

萬代橋の東詰階段を降り、川沿いの道路を渡る(萬代橋から直接降りられるといいんだけど…)。見慣れた萬代橋サンセットカフェの手前に、もうひとつテントが立っている(写真1枚目)。「kichi’s bar」という、ハイボールのお店らしい。

サンセットカフェを過ぎ、やすらぎ堤を八千代橋方面に歩くと、見えてくる赤ちょうちんは古町や駅前でもおなじみの「おでん屋じゅんちゃん」(写真2枚目)。この日はまだ少し肌寒くて、ここのカウンターが一番にぎわっていた。予定では11月いっぱいまで営業するのだとか。水辺の屋台でおでん。いいねぇ。

NSTの前にはビアガーデンがずらり。エアストリームとウッドデッキがリゾートな雰囲気を醸し出しているのが「PIC NIQ(ピックニック)」(写真3枚目)。最近あちこちに店を増やしているNIQというお店の系列らしく、お肉メニュー中心にバーベキュー的な展開をしてくれそうだ。

八千代橋(こちらは直接やすらぎ堤に降りられる)から眺めるとビアガーデンのパラソルがずらり(写真4枚目)。東南アジアの屋台街を思わせる。まだ開店前でひっそりしていたけど、ここがにぎわってくると街なかの風景も変わってきそうな気がしている。